フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« シリエトク日記16 最終回 メモそして帰鎌 | トップページ | 忘れ得ぬ人々22 ウトロの純 »

2010/08/15

不幸な整髪料と不幸なオーデコロン

僕は髪を洗っても整髪料をつけるのが嫌な人間である。あのべたべたした感じが嫌なのである。「サラサラでナチュラルな」なんどとうたっているタイプのものでも結局、微妙にべとべとした感じがするのである。だから普段、正装でもしない限りは、整髪料を用いない。だから一本の整髪料が5年経っても6年経っても残っている。何れにせよ、不幸な整髪料である。

僕は実はオーデコロンの香りが好きである。私の妻は整髪料も無香料でなくては許さぬ。だから上記の整髪料の記載も実は正確ではない。独身時代はバルカンやブラバスの香りの強い整髪料を頻繁に用いていた。それが結婚してから妻が嫌うので整髪料を使わなくなったのだとも言えるのである。何せ、現在私が唯一アフターシェーブローション代わり用いているシーブリーズでさえ「臭い!」と言うのであるか始末に終えない。その代わり、職場には、5~6種類のオーデコロンを置いている。「雨垂れの香り」とか名付けた和風のものや「アクティヴ」と「リラックス」の二種使い分けタイプとか消臭との兼用タイプ(これは実はそんじょそこらでは売っていない特殊なもので結構高価)とか――蓋を取って時々嗅ぐ。極稀であるが気が向くと、耳の後ろにつける――が――つけてすぐ後悔してしまう――臭い――だから僕のその5~6本のオーデコロンはすべてが10年もののビンテージである。いや、10年のエイジングで濃くなって臭くなっているのかもしれない。何れにせよ、不幸なオーデコロンである。

« シリエトク日記16 最終回 メモそして帰鎌 | トップページ | 忘れ得ぬ人々22 ウトロの純 »