フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 古へは武邊別段の事 《ブログ先行公開》 | トップページ | 芥川龍之介 越びと 旋頭歌二十五首 一首 注増補追加 »

2010/10/03

藪野豊昭 落葉籠――昭和22(1947)年群馬県多野郡神流川流域縄文遺跡調査行ドキュメント――日本考古学の「種蒔く人」酒詰仲男先生の思い出に

本トップ・ページに『父のアトリエ』を増築、父の書いた中でも出色の読物「落葉籠――昭和22(1947)年群馬県多野郡神流川流域縄文遺跡 調査行ドキュメント――日本考古学の「種蒔く人」酒詰仲男先生の思い出に」をPDFファイルにて公開した(リンクがうまく機能しないのでトップ・ページから宜しく)。

正式な題名は

☆1947年≪昭和22≫群馬県多野郡;神流川流域縄文遺跡調査行ドキュメント。
「日本考古学の種蒔く人」酒詰仲男先生を偲ぶ落葉籠≪編纂;藪野豊昭≫

である。

欺されたと思って読んでみて戴きたい。僕の父という手前味噌ではなく、一読者として、考古学に興味のない方でも文句なしに面白いと思われるはずである。

神流川上流鬼石の戦後風景も髣髴とし、そこに父の師として日本縄文研究の碩学にして真のフィールド・ワーカー酒詰仲男教授が、次に誰もが御存知の「ひょっこりひょうたん島」の人形劇団「ひとみ座」及びデフ・パペットシアター・ひとみ(聾者と聴者の上演グループ)創立者の一人にして財団法人現代人形劇センター理事長、日本児童演劇協会賞受賞者、日本芸能実演家団体協議会芸能文化問題研究委員会委員、国際人形劇連盟アジア・オセアニア委員、2003年には芸能功労者として表彰された知る人ぞ知る日本人形劇界の重鎮宇野小四郎が一緒に調査に出向く父の友人として登場する。

僕と同じで、最後は勝手な連想から脱線・増殖といった経路を辿って、更には口語俳句の推進者であった市川一男や、本邦の数少ない真のシュールレアリスト瀧口修造との出逢い、鮎釣りから生物多様性に繋がって新潮選書の「里という思想」で知られる立教大学大学院教授哲学者内山節までオール・スター・キャストが舞台に現れる。あなたを飽きさせないこと、請合う。

« 耳嚢 巻之二 古へは武邊別段の事 《ブログ先行公開》 | トップページ | 芥川龍之介 越びと 旋頭歌二十五首 一首 注増補追加 »