フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 縦書版 | トップページ | 毛蟲 北原白秋 »

2011/01/22

海岸動物新種 Animaris Umerus についての記載

このような巨大な海浜海岸性生物種が2011年の現在まで殆んど知られていなかったというのは前代未聞の出来事である。この新種には既に、

Animaris Umerus,1990 JANSEN

という学名がつけられており、数種の信頼出来る映像記録も撮られている。以下のAlexander Schlichter 氏が撮影した驚くべき映像が本種の生態を最も正確に捉えたものとして信頼出来る。

http://vimeo.com/11525541

外見からは一見、節足動物の一種に見えるが、私の知る限りでは類似種は全くない。未報告であったのは、一見、クチクラ層によって形成されていると思われる複雑な(しかしそれは規則的な反復をも示しており、そこは環形動物に類似した特性も見られるし、映像の一部にはペットボトルに似た突起が複数個並んでいるのが認められることからは棘皮動物の管足構造との相同性をも感じさせるものである。さればこれはある種の機能特化した我々の未知の動物の群体である可能性すらもあるのである)体幹及び翼形をした鰭状部分が恐らくは死後急激に分解するためではないかと思われる(従ってそれは我々の機知の死後残存性の高いクチクラでは、実はないものと思われる)。内臓や口吻及び排泄器、種々の感覚器官と思しいものも映像からは視認出来ないところから、何らかの生物をその節足部分に共生させている可能性が疑われる。しかしゾーザンテラのような藻類であれば体色がこのように肌色を呈していることはあり得ず、常温の砂浜海岸に棲息するバクテリアなどを、その円柱状に変形しローラー様に特化した下肢の最下部から摂取して共生させているものとも推測される。

なお、発見者のテオ・ヤンセン氏は元は物理学者、現在は画家である。映像から見るとビーチ・コーミングが趣味で、その最中に稀有のこの巨大海岸生物に遭遇したものと推察される。

本種の英名は“Strand Beast”である。[藪野唯至注:現在、正式和名はない模様であるが、強いて訳せば「浜獣(はまのけもの)」「浜虫」である。しかし、これでは学名に比して(以下を参照)如何にも無粋である。速やかに相当な正式和名が命名されてしかるべきである。]

因みに学名の“Animaris Umerus”は羅和辞典で調べてみると、

「空気の肩」若しくは「空気の上膊部」

を意味するものと思われ、その映像に残された生態からも至当な命名と思われる。[藪野唯至注:一部の報道では本種を「砂浜の生命体」と邦訳しているが、これは“Animaris”の派生義である「活力のある」「生ける」という意味で取り違えて、英名とごっちゃにした誤訳と思われる。従って私はこれを正式和名としたくない旨、ここで声を大にして叫ぶものである。]

以上は、2011年凡夫社刊「世界嘘八百科事典」より、生物学墓士 Yandel Yabunovich Tadasuky 跛馬奴大学客員教授の英文記載より藪野唯至が翻訳引用したものである。

【2011年1月23日追記】

僕の知人である冬虫夏草の専門家Cordyloceps氏によれば、本種の増殖方法は何らかの未知の感覚器によって観察者の心理状態を察知し、本種を増殖させたいと思わせて、その観察者によって次世代を増やすという見解を示しておられる。これは種保存に於いて極めて有効且つ効果的な手法であるが、この実体が事実として判明した場合、この狭い地球はあらゆる生物種で充満してしまうが故に、解明の公開を憚られるものとも思われる。これは私には遺伝子操作など比ではない、とんでもない至高の種保存の戦略システムであると思われ、極めて興味深いものではある。

« 篠原鳳作句集 縦書版 | トップページ | 毛蟲 北原白秋 »