フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« パソコン危篤状況の中で辛くも「新編鎌倉志卷之二」公開! | トップページ | 61期生の諸君へ »

2011/01/09

山の仲間 又は 僕の憂鬱の完成

山の仲間と飲む――八ヶ岳の思い出――それで僕の憂鬱は完成するのだ――

Yuutunokansei

……あの日……僕らは抜けるような山巓で遂に全部を踏破した山々を眺めていた……言葉少なに しかし それぞれの満ち足りた思いとともに……それを僕は忘れない――2day2

2day1_3

あの日の一日目の赤岳や阿弥陀岳が見えるね……あの阿弥陀の登りは恐かったな、直英よ……

3day_3

3日目の横岳から硫黄岳へ……このパノラマを僕らは歩いたのだ……僕の素敵な憂鬱に、乾杯!……

各人への追伸:

――プエル・エテルヌス悠理よ、写真、使わせてもらったぜ。そうそう、探検部、くれぐれも洞窟は気をつけな。『穴』は何にせよ、危険がアブナイよ!

――マイ・ウェイ・マイ・ロード・ショウゴ、ヘイ! ヤンキーに生き胆抜かれねえよう、アテンションしてな、大和魂は白雪姫を略奪するぐらいじゃなけりゃ、グッドじゃあ、ねえ!

――山での女房役たる結生(むすぶん)! 何時も君のコップで水を飲んでたな、俺は。昨日の「一勝地→真幸」というのは、切符が哲学してるなあ! 凄い! 君のことだから、当然これは実在するのだと踏んだ。やっぱり、あるある! 何と! これ両方とも同じ路線じゃあないか?! JR九州肥薩線( えびの高原線)だ。一勝地駅(熊本県球磨郡球磨村大字一勝地)と真幸駅(宮崎県えびの市内竪)――いやあ、凄い! 凄い!

――風狂人直英よ、今度、その彼女と三人で飲みたいもんだ! しっかり捉まえて、決して離してはいかんゾ! 俺は、そうして人生に失敗して、憂鬱を完成させることと、相成ったのだ!

――芸の広がりが人を成長させることを感じさせる真打タイゾウとシェイプアップしたイケメン・セッキーも――また、飲もう、というか、食おう!

 

« パソコン危篤状況の中で辛くも「新編鎌倉志卷之二」公開! | トップページ | 61期生の諸君へ »