フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 絹帽子(シルクハツト) 附別稿 | トップページ | 僕は »

2011/01/10

その恋を 村上昭夫

その恋を捨てるのか

その三百年を捨てるのか

待つことのできる恋ならば

めのうのように結ばれるだろうに

 

その恋を語れるのか

その三千年を語れるのか

遠い恋について考える時

共に考え続けられるのか

考え続けられる恋ならば

海溝のように深まるだろうに

 

その三万年を

その三億年を越える月日を

語り続けられるのか

考え続けられるのか

ソロモンとシバのたった一度の恋は龍之介と廣子の邂逅から遡ること、実に三千年前のことだった――そうして三億年前――ソロモンとシバと後になる龍之介と廣子は――確かにゴキブリの祖先として地中深くの岩盤の間で互いの体を寄せ合い、暖めあっていた――そんな重なり合った化石を僕は確かに見たような気がする――村上昭夫よ、君の最後の畳みかけた疑問文は――少なくともこの二人には――「語り続けられる」のであり「考え続けられる」のであったと僕は信ずる――では、君は? そして、僕は?――それはきっとちっぽけな貴方や下劣な僕の問題では『ない』のかも知れないとは思わないか?――恋は一人では出来ぬことは自明であると知っていながら近代人の僕らは、必ず確信犯のように『恋』を単独者として語ってはいなかったか?――「語り続けられる」「考え続けられる」恋をするための、確かな相対する恋人の存在なくしては――それはそもそも命題として成立しないのである――でも――大丈夫さ――村上君、僕は確かに――君に確かに恋しているから……

« 芥川龍之介 絹帽子(シルクハツト) 附別稿 | トップページ | 僕は »