フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春聯門神 又は メイ・ランファン 父と子の(喜+喜) | トップページ | 芥川龍之介 比呂志との問答 »

2011/01/02

水戸光圀纂録・河井恒久纂述・松村清之考訂・力石忠一参補 新編鎌倉志卷之一

水戸光圀纂録・河井恒久纂述・松村清之考訂・力石忠一参補「新編鎌倉志卷之一」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開した。

――さても、これが今年の私のアンガジュマンだ――

10代の終わりから生まれ故郷である鎌倉を跋渉してきた。相応な郷土史研究もして来たが、不図、気がついたらまるで歩かなくなっていた。鎌倉の山々から離れて、もう15年程経ってしまった。教員になりたての23の頃、神田の古本屋で市史の白眉と呼ばれた「鎌倉市史」の「考古編」と一緒に、この底本とした「日本地誌大系」の「新編鎌倉志・鎌倉攬勝考」を見つけた時には、天にも昇る思いがしたのを今も忘れない。

「鎌倉市史」はそこに多くの名を載せている父に贈った。父は鎌倉学園の考古学研究会を創始した一人で、「鎌倉市史」編纂の頃には、そんな学生の父の杜撰な資料でさえ必要なほどに、鎌倉の古代遺跡群は完膚なきまでに宅地化されて消滅していたのである。

「新編鎌倉志・鎌倉攬勝考」は、鎌倉フリークでこれを知らない者はモグリと言わざるを得ない傑出した近世の鎌倉地誌である。大袈裟に言えば、今の鎌倉ブームのルーツは、ここにあると言ってもよいのである。――そうして――最早、致命的に失われてしまった真の『古都』鎌倉の遺跡・史跡には、この二作品を通してのみ、面影を知り得るすべがないものも、また多いのである。

――因みに神田で「天にも昇」ったのは僕の心だけではなくて、財布の中身も大枚の札ビラが昇天した――確か二冊で軽く3万円を超えていたように思う――その日の晩飯は、素(す)の立ち食い蕎麦一杯と相成ったのであった――

文章は決して平易ではない。相応な歴史的知識も要求される。覚悟を持って読まれたい。

――さても――僕のこの翻刻でさえ――一体、今年、どこまで辿れるのかも分からぬが――僕が青年の頃、胸一杯に吸っていた、あの歴史と文学と人気のない鎌倉の山々の香気を、今一度、味わってみたくは、なったのである……。

« 春聯門神 又は メイ・ランファン 父と子の(喜+喜) | トップページ | 芥川龍之介 比呂志との問答 »