フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« マリアへのタンギー 「タンギー爺さん」より | トップページ | 父ノ畫集ノ正シク夢判斷ナラン事ヲ知レル語第一 »

2011/02/28

愛/心

愛は定義された瞬間に総て無効となる。

愛はそれ自体が命題足り得ない。

命題は論理による人間の生み出した総体的智という幻想の観念上の規定である。

本来の愛はそのような「智」を前提としたア・ポステリオリな哲学的定立ではなく、「智」を保持してしまった生命としての人間の、しかし原初的生の意志そのものにア・プリオリに食い入ってしまった楔である。

その楔を抜けば、血が迸り、その個体は確実に死ぬ。

しかし、その犠牲として新たな生命が生まれない、などとは言えぬ。

従って命題上は愛そのものが偽若しくは疑問文としての不完全提起でしかないものではあるものの、しかし、それでいてそれは現に確かに「在る」し、我々の「生」そのものの核心的な「謎」であり続けることによってもパラドクシャルに「在り続ける」のである。

それは「見かけ」上であるか?

それは正当な謂いである。

我々は神ではない。我々はただの一観察者に過ぎない。

「愛」という自他の現象の一観察者に過ぎない。

しかしそれはアインシュタインの相対性理論も、はたまた彼が嫌悪した量子力学をも遙かに凌駕した何ものかが支配している。

我々は他者に愛を示し得ず、実は自分にもそれを示すことは出来ない。

我々は鏡像としての「愛」を見ているに過ぎない。

それは我々によって説明され名指すことは出来得ても、示すことは出来ない

――しかし、とすれば――

即ち、愛は神であることとなり、私はそれを偽とし、以上の叙述全体が無化する。

……このトートロジーが「愛」の謎なのではあるまいか?……

« マリアへのタンギー 「タンギー爺さん」より | トップページ | 父ノ畫集ノ正シク夢判斷ナラン事ヲ知レル語第一 »