フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« メタファーとしてのゴジラ フラッシュ・バック | トップページ | 聖子テレジアは天国に召されました 直史ルカ記 »

2011/03/18

バルンガ フラッシュ・バック 或いは 福島原発を見下ろす丘の上で

福島原発を見下ろす丘の上

奈良丸博士「災害? 大津波もメルトダウンも災害ではない。神の警告だ。」
僕「神ですって?」
奈良丸博士「君は洪水や山火事に竹槍やバケツ・リレーで向かうかね? 大津波は自然現象だ。原子力という火も人類が握った巨大なマッチに過ぎぬ。しかしたった一本のマッチからでも燎原は丸焼けとなる。文明の天敵というべきか。こんな静かな朝は又となかったじゃあないか……この気狂いじみた都会も休息を欲している。ぐっすり眠って反省すべきこともあろう……」
由利子「反省すれば救われるというのですか?」
      老人答えない。
      風船を空へ放し、見送っている。

病院の病室
僕「皆さん、あきらめてはいけない。散水車が近づいているんだ。きっと原発の火を吹き飛ばしてくれる」
奈良丸博士「神だのみのたぐいだ」
由利子「(むっとして)病人を力づけるために云ってるんだから、いいじゃないの!」
奈良丸博士「科学者は気休めは云えんのだよ」
由利子「じゃ、あなたは矢張り奈良丸博士?」
老人「(急に強い眼の光りで)だが、たった一つ望みがある……(自分に)わしは風船を飛ばした時、なぜこれに気づかなかったのか?」

僕は残念に思う。今ここに、僕らを救ってくれる風船も、奈良丸博士のような知恵を持った科学者もいないことを――僕らの現実の「ウルトラQ」は、太陽をバルンガが食ってしまう結末なのかも知れない――あの石坂浩二のナレーションに子供ながらに恐怖して、翌朝、空を見上げてほっとした少年の日を何故か今、僕は思い出す――

正しいシナリオはこちらを――

« メタファーとしてのゴジラ フラッシュ・バック | トップページ | 聖子テレジアは天国に召されました 直史ルカ記 »