フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宗谷挽歌 宮澤賢治 ―― 父と僕自身に | トップページ | 岩波文庫「芥川竜之介句集」に所載せる不当に捏造された句を告発すること »

2011/03/26

岩波文庫「芥川竜之介句集」の加藤郁乎氏の解説に限りなく共感せること

先般入手し、僕の「芥川龍之介全句集」との校合を試みている岩波文庫版加藤郁乎編「芥川竜之介句集」の加藤氏の解説を読んだ。もう読み終えるなと思ったその最後に、はっとした。木歩が語られている!

――以下、引用させて頂く。

――僕がはっとしのは僕が木歩が好きだからというばかりでは、ない。

――僕がネット上で唯一纏まった「富田木歩句集」を公開しているから、でもない。

――その本当の理由は、今は語らないでおこう。

――来月の末には、分かって頂けるであろう。……

芥川龍之介の俳句の対象や関心を持っていた古俳諧や現代俳句、さらに新旧の俳人との関わりについて述べ終えた最後に加藤氏はこう書く。芥川龍之介が木歩について、一言も書き残していないことへの疑義不審である。

『さらに加えれば、同時代の俳人で年齢も五歳と違わぬ富田木歩につきいささかもふれるところがなかったのは腑に落ちぬ。親しかった入谷の兄貴俳人碧童、その俳友であった大須賀乙字を通じるなどして地獄耳だった芥川は木歩の名を聞き知っていたであろう。病軀を養い関東大震災に向島枕橋近くの堤上で横死した俳人木歩の生涯におよそ無関心であったとは考えられない。本所また向島に生まれ育った二人が大川を介したそれぞれの文学作品に気づかずだったというのは奇妙の話である。待乳山の渡しとして知られた竹屋の渡し場を所有した富田氏十七代目は一方で向島に柳市花街の開設を願い出た風流人、木歩の祖父である。零落した家で二歳のときに両脚歩行の自由を失った木歩はさらに胸を患い、貸本屋で糊しながら句に親しんだ。「我が肩に蜘蛛の糸張る秋の暮」「夢に見れば死もなつかしや冬木風」の境涯詠をもつ木歩に材を取り芥川ならではの小説の一篇、いや一句なりと出てこないものかとわずかの望みを捨て切れずにいる。』

加藤氏の謂いは頗る正当である。――

木歩と龍之介の接点――それはきっとどこかにあるはずである。――

どこかに隠れている。――

僕もそれを加藤氏と全く同じように乞い冀う人間である。――

芥川は必ずや何処かにそれを潜ませているはずである。……

……ここまでは加藤郁乎氏に激しく共感したことを記した。
……次の僕の記事では、しかし……残念ながらこの岩波文庫版加藤郁乎編「芥川竜之介句集」の句の捏造を指弾しなくてはならない。……

« 宗谷挽歌 宮澤賢治 ―― 父と僕自身に | トップページ | 岩波文庫「芥川竜之介句集」に所載せる不当に捏造された句を告発すること »