フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鏡像 | トップページ | 僕を愛する人よ »

2011/03/12

僕が何を言うか期待しているか?――私は今日、リンゴの木を植える

そんな連中もいるだろう。

それにしても20数年前に僕に「先生の言っている原発の危険性と不要論は全く納得できませんね」とクールに言い放った君は、考え直していいだろう。――いや、僕は君を責めない。このカタストロフを多くの大衆は、しかし未だに対岸の火事だと思っている現実を、実は君が最も驚愕するに違いないからだ。いち早く知った僕がメルトダウンを告げて青くなったのは、理科の先生数人だけだったよ。

いや、数千人単位で同胞が被災死する中で、平然と笑い偉ぶって頷き、日常を強引に行使する連中――これは本当に「まともな連中」なんだろうか? 僕はそうは思わない。

この大衆の愚劣性は、正にいるはずのない怒れる神でさえも、呆れ果てているのではないか?

いや、そんなことはどうでもいい――僕は母の病態が悪化の一途を辿り始めた二週間前から、こんな神の鉄槌のようなカタストロフを心のどこかで「望んで」いたのだ。――関東大震災を不吉に予兆していた芥川龍之介のように――言っておくが、しかしこれは僕の「予言」ではない。――しかし、確かに「事実」として起こったのである。――

――しかしながら――

――僕の心に――昨日から浮かぶたった一言は――僕にも意外なルターの言葉であったことも「事実」であったことを――ヴィトゲンシュタインは笑って許してくれると確信しているのである――

――“Wenn morgen die Welt unterginge, würde ich heute ein Apfelbäumchen pflanzen.”――

――仮に明日この世の最後が来るとしても、私は今日、ここにリンゴの木を植える。――

« 鏡像 | トップページ | 僕を愛する人よ »