フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 月刊『俳句界』2011年4月号 5月号予告――母さん来週の月曜日だよ | トップページ | では さようなら »

2011/04/23

富田木歩 悲傷句群――聖子テレジアへ捧げる

以下は、結核によって死にゆく愛妹まき子への思いを悲泣痛切に詠んだ、僕が富田木歩第一の絶唱と信ずる一連の句群である。

今回の2011年5月号『俳句界』の僕の論考「イコンとしての杖」では制限された原稿枚数の中、ここに示した冒頭と末尾の句のみを挙げるに留めたが、やはりここに、その全てを敢えて掲げておきたいのだ。(引用は僕の「やぶちゃん版新版富田木歩句集」を用いたが、時間的連続性を重視するために一部の句及び新井声風氏の注・僕の注は省略した)。

……それは……この木歩が僕自身であり、まき子が僕の亡き母聖子テレジアでもあるからである……

  病 妹
和讚乞ふ妹(いもと)いとほしむ夜短き

  病勢の急に怠りし妹頻りに母の讀經をもとむ
今宵名殘りとなる祈りかも夏嵐

  病 妹
妹さするひまの端居(はしゐ)や靑嵐

戸一枚立てゝ端居(はしゐ)す五月雨

  病 妹 三句
晝寢守(も)れば螻蛄(けら)の聲澄む花菖蒲(しやうぶ)

寢る妹に衣(きぬ)うちかけぬ花あやめ

病む妹に夜氣忌みて鎖(さ)す花あやめ

夕むれの縁に螻蛄鳴く黐(もち)の花

花黐の蠅移りくる晝餉かな

  病妹惡し
醫師の來て垣覗く子や黐の花

ともすれば灯奮ふ風や時鳥(ほとゝぎす)

船の子の橋に出遊ぶ蚊喰鳥(かくひどり)

  病妹 五句
咳恐(おそ)れてもの言ひうとし蚊の出初む

たまたまの蚊に咳(せ)く妹を憂ひけり

かそけくも咽喉(のど)鳴る妹(いもと)よ鳳仙花(ほうせんくわ)

死期近しと夕な愁(うれ)ひぬ鳳仙花

床ずれに白粉(おしろい)ぬりぬ牽牛花(けんぎうくわ)

  病妹惡し
額上の汗に蚊のつく看護(みとり)かな

  病妹惡し
蚊遣焚いて瓶花(びんばな)しほるゝ愁(うれ)ひかな

蚊遣焚いて子を預りぬ洪水仕度(みづじたく)

臥す妹に一と雨ねぎぬ軒葡萄

  臨終近しとも知らぬ妹こまやかに語る
涙湧く眼を追ひ移す朝顏に

  納棺式
死装束(しにしやうぞく)縫ひ寄る灯下秋めきぬ

  忌中第一夜
線香の火の穗浮く蚊帳更けにけり

  通 夜
棺守(ひつぎも)る夜を涼み子のうかゞひぬ

鷄音しばしば讀經さそはる明易し

  妹の棺を送る
明けはずむ樹下に母立ち尽したり

朝顏の薄色に咲く忌中かな

昨日届いた著者献呈一冊を母の霊前に今朝供えた――

« 月刊『俳句界』2011年4月号 5月号予告――母さん来週の月曜日だよ | トップページ | では さようなら »