フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 藤沢鎌倉トンカチ山遺跡出土品第2011―3―19号出土品 縄文分銅型石斧 復元:藪野豊昭  | トップページ | 母さん »

2011/04/10

福島第一原発1号機は本当に問題はないのか?

2号機の除水ばかりが報道され、二日前の驚愕の1号機100シーベルト超過の公式プラント・データはその後の保安院の報告では「計器不良」としたまま、数値は今以って示されていない。1号機の器内温度は一向に下がらないではないか。しかし放水冷却しているという報道もない(すれば高濃度汚染水が2号機同様に多量に出るからであろう)。格納容器の底は丸い。溶融した燃料棒や制御棒の残骸が底に溜まって、レンズ効果によってその塊の中心部が高熱を発し、局所的再臨界に達したのではないのだと保障し、再臨界に達しての100シーベルトではなかった、計器の誤りだった、再測定の結果はこれこれの低位だから安全だと何故、速やかに補正しないのか? そもそも1号機への窒素充填自体が水素爆発を防ぐための最後の切り札である以上、そうあってしかるべきであることは言を俟たない。部外者の識者のステロタイプな見解なんぞを僕らは聴きたいのではない。事実の数値を示すことのみが求められていると言ってよい。何故、それをしない? それどころか昨日になって何故、今更に何故、津波による打撃映像を公開した? これまで起こったこと――いや、これから起こることは津波による天災だった、とでも言い訳したいではなかろうか、と僕が勘ぐったとして、君は笑うかね? ――僕はますます『お前』を信じないのだ―― 

« 藤沢鎌倉トンカチ山遺跡出土品第2011―3―19号出土品 縄文分銅型石斧 復元:藪野豊昭  | トップページ | 母さん »