フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« では さようなら | トップページ | 父の階段の怪談 »

2011/04/24

追伸 ご安心あれ

――暫くさようなら――とはHPやブログでの更新をするエネルギが消耗したという謂い以外の何ものでもないのです ブログで何かを論評したり HPのテクスト更新をするパワーを今は消失しているということを言いたいだけで それ以上でもそれ以下でもありません 僕が何処かへ消えてしまうというような意味では毛頭ありません 言葉足らずでご心配をお掛けした方もあるようですが(そんなことを危惧するメールを今朝頂きました 誠にすみませんでした 酒が入って書くと つい こういう言葉足らずになります 僕の悪い癖です) 何はともあれ僕の気分屋という性癖からいっても 暫くすればまたぞろ何かをせずにはいられなくなるに決まっているのです それまで気長にお待ち頂きたいのです ではまた あなた方の御健康と御多幸を心より祈って――

三伸:喋り続けていないと不安になる僕は、明日にでもこの告解を裏切るでしょう(実はもう裏切るつもりです)。僕はそういう意味でも美事にユダであり、スメルジャコフなのですよ――【20:23 追記】

完全に死んじゃあ、いねえぜ! その証拠に「御用学者の嘘をお見せしよう」に補正・追記をしておいた。黙っていられねえことには、叫ばなくちゃ、な!――

 

« では さようなら | トップページ | 父の階段の怪談 »