フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 滅びむ里 | トップページ | アリョーシャはシューラの言葉を聞き取れなかった―― »

2011/05/02

「誓いの休暇」は確かにタルコフスキイの原点であった――

冒頭を見給え! 麦畑の中の道――その左側で帰ってこないアリョーシャの面影を求めて、彼方を見つめる母カテリーナから、カメラはかなり早いパンを時計回りにして、街道の前景よりも有意に前方の街道の右端を写す――その時、その画面の右からフレーム・インしてくるのは数メートル後方の道の左端に居たはずのカテリーナなのだ――これを時計で計測してみるがいい。リアルな状況では、不自然に俳優が走らない限り、あり得ない映像なのだ(実際にそこまでの母の動きは終始一貫ゆっくりしたものであり、撮影は勿論、監督のそのような走ってこっちへという強制的指示がなされたとしか考えられない。そしてそこは――エンディングでカテリーナが全力で走って出た、アリョーシャと抱き合う、あの場所なのである)。これはタルコフスキイの、パンで左にフレーム・アウトしたはずの登場人物が、物理的にあり得ない右からフレーム・インするのと全く同じである――チュフライはやはりタルコフスキイの正しき良き教師で、あったのだ――

« 滅びむ里 | トップページ | アリョーシャはシューラの言葉を聞き取れなかった―― »