フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「コード」という元凶 | トップページ | 精神安定剤と睡眠薬と »

2011/05/05

「新編鎌倉志」――そうだった 地味に行こう もともと今年のアンガジュマンじゃないか……

「新編鎌倉志」の貞享二(1674)年刊の影印本を母の亡くなった直前に手に入れていたのを忘れていた。そもそも僕は「新編鎌倉志」の電子テクスト化を僕の今年のアンガジュマンと謳っていたことさえ忘れていた。そうだった……地味に行こうじゃないか……まずは、「巻之一」から原典影印による校訂と読みの追加の準備から始めよう……ゆっくらとな……

PM3:37追記

これ……やってみると実は漢文脈が多いことから(影印には訓点がびっちり施されているが、僕のテクスト底本は白文!)、これはとっても一筋繩では行かない、相当に困難なことが分かった。……影印の20数行分を校訂補正するのに実に2時間もかかってしまった!……まあいいさ、ナアに……一年かけてでも、ゆっくらやるさ……「以降」を「ヨリコノカタ」と読んでいるとは思わなかった。遣り甲斐は、ある――

PM5:18追記

この校訂で、本文に関しては、全くの素人の方でも十分に読みこなせるようになる気がする。また、影印の編者である白石克氏も述べておられる通り、この時代に鎌倉の名所旧跡や旧地名がどう呼ばれていたかが、かなり詳しく分かるようになるはずである。必ずしも僕という好事家の無駄な仕儀に堕すものではあるまい――

« 「コード」という元凶 | トップページ | 精神安定剤と睡眠薬と »