フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「先生」へ | トップページ | 母 »

2011/05/18

「私」へ

僕が君を好きな理由は、何よりも感性の人――行動の人だからである。君は「私」自身の行為や思念に、『他者に対しては』理由付けとしての弁解をしない(解釈はするが、それが不快な言訳にはなっていない。「先生」に対してはしばしば弁明をするが、それは社交辞令や軽薄な釈明ではなく、『心の素直な表出』である。その点は「坊ちゃん」的――「坊ちゃん」がやや大人になった感じでもある。そうしてそれ故に「先生」は君を愛するのである)。この世には僕を含めて我儘の言い放題と自己弁護と自己保身に終始する輩ばかりが闊歩している。勝手な思い込みと浅薄な邪推(穿ち過ぎでもない点に於いて「浅薄な」である)で言い切って、それで世界が収束したとでも思い込んでいるようじゃないか。僕は君が今、どうしているかがやはり気になるのだ。それこそが確かに「こゝろ」の考えるべき続編である。――靜と結婚しているなんどという噴飯愚劣嘔吐下血な思い込みとは全く別に、それを勿論、テッテ的に考える必要が――あるのだ。――

« 「先生」へ | トップページ | 母 »