フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 聖子テレジア御香料御礼 父より | トップページ | 鎌倉攬勝考巻之十一附録 テクスト化開始 »

2011/06/11

母が最後に撮った写真――

母が亡くなる正に丁度、一ヶ月前、
2011年2月19日
に母に妻が携帯電話をプレゼントした。
それを形見として僕は持っている。
持っているが、その実、その携帯電話の番号さえ知らないし、操作方法も殆んど分からない。
ところが、先週、たまたま弄っているうちに、その画像フォルダの中に一枚の写真があることに気づいた。

日時は、
2011年2月25日 20:24
である。

これがその写真である――

Hahanosaigonosyasin

妻は母には携帯の説明書を一切渡していない。もう読む気力はないように見受けられたからである。妻との連絡が主で、親族と母との通話にも用いたが、それも概ね見舞いに僕らが行った時に限られていた。

だから、まさか――写真を撮っているとは思わなかった。――

しかし、この写真は正真正銘、確かに母が撮ったものなのだ――

この遅い時刻では妻や僕は見舞いに行っていない。そもそも面会時間を過ぎているから誰か見舞った人間が操作して撮ったものではあり得ない。また、「あの」病院の、まさかとんでもなく奇特な看護師が、この時刻に、母に携帯のカメラの使用法をおめでたくもレッスンしたとは、逆立ちしても思われないのだ――

その露出過多になった、クロッキーのような画像は――

母が入院していた、例のALSの診断と告知を下した病院――最後を看取ってくれた聖テレジア病院ではない。テレジアへは、この一週間後の3月2日の転院であった――

その病室のベッドの上から仰ぎ見た(大部屋であった)遮蔽用のカーテンの角の部分と天井――なのである――

母は――どんな思いで、この写真を撮ったのだろう――

いや 更に驚くべきことがある――

母は、何とこれを妻の携帯に写メールとして送ろうとした痕跡――携帯では妻のメール・アドレスらしきものを途中まで打ち込んであり、未送信のままになっていた――さえあったのである。

――母はこれらのことを――何の説明書もなしに――何と筋萎縮性側索硬化症の急激に進行する中で――たった一人でやろうとしたのである……

母さん――母さんは、やっぱり最後まで――僕の、そしてみんなの尊敬する――元気な元気な「頑張らなくっちゃ」が口癖の――母さんだったんだね――母さん――

« 聖子テレジア御香料御礼 父より | トップページ | 鎌倉攬勝考巻之十一附録 テクスト化開始 »