フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 午前中に行った作業をサーバーに送り忘れていた | トップページ | 右腕と母の病いと業と »

2011/06/18

原発是非と憲法変改の国民投票を即刻同時に行え! オレはふざけてなんかいネエ!!

菅原文太に先を越されたから、今さらの感があるが、僕はイタリアの原発見直しの国民投票の結果を受けて、その元凶である日本こそが国民投票をすべきだと、あのイタリア国民投票の圧倒的原発ノーの報道の朝に痛感した。それはあの日、教え子たちに授業でも言った。教え子たちが、僕の言の菅原文太を真似たのではないことを証明して呉れるはずである。

さて、僕が護憲であり乍ら、憲法の「改正」の国民投票に大いに賛成することは以前にも書いたから繰り返さない。

そうだ。

僕は憲法「改正」の国民投票を望んでいる誰かのように、OKなのだ。

しかし、その前に――

いや、一緒でいいじゃあネエか!――

世界を不安のドン底に陥れたこの原発の事故を受けて――イタリアの国民投票を受けて――誠実な人間であるならば、どう考えたって、まず原発の是非を問う国民投票をせねばならネエ!

いやさ、どこかの、憲法「改正」+ポスト政権を狙ってる奴らに告ぐ!

二回の国民投票は面倒だ――

ずっと誰かさんがやりたくてやりたくてたまらなかった、あの憲法「改正」の国民投票と一緒に今

――(「七人の侍」の長老風に)「やるベシ!」

その結果? いいさ、それが今の「日本人」とは如何なる存在であるかを、確かに示すであろうじゃないか。

――さあ、やろう!

原発の是非と憲法変改の是非と!

その国民投票を!!!

――僕は、その結果を受け入れる。

――僕は日本語しか喋れない。

――福島第一が――いやさ、かの忌わしい「もんじゅ」がメルト・ダウンして日本に住めなくなると言われようが――

僕はチェルノブイリの村人達と同じく――

ここから去ることは――

――ない。

――僕はお前らの、おためごかしの言葉に殺されはしネエ。(多襄丸風に)

――僕は僕の意思で死ぬ。

――ふざけんじゃネエ!(忌野清志郎風に) 

« 午前中に行った作業をサーバーに送り忘れていた | トップページ | 右腕と母の病いと業と »