フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 新編鎌倉志巻之三 円覚寺 終了 | トップページ | 送り火 »

2011/08/15

反復する下宿夢

僕には長い年月、反復して何度も見る夢がある。本未明も、それを見た。

今の僕である。ところが訪ねた場所は、36年前、大学一年の時に一年だけ居た渋谷代官山の三畳のボロ下宿だ。

そこには何と36年の間、僕の持ち物や本がそのまま放置してあるのだ。

[やぶちゃん注:ここまでがこの夢のマニエリスムである。この後は毎回バリエーションがあり、今日のパターンは今までに見られない展開を示した。]

下宿の老婆に平身低頭して、すぐに運び出しますからと答えるが、僕は今、右腕が利かないから、内心、どうしたものやら途方に暮れているが、手伝いますと数人の若者が来る。彼らは皆、僕の昔の教え子(高校生のままの)である。書籍は彼らに頼み、男子生徒にダンボールの手配を、女子生徒に本の棚卸しなどを頼む。

僕はとりあえず、不自由な右手で文房具や小物をナップ・ザックに押し込んでいる。

ところが、机の引き出しを開けてみると、何故か北海道の縄文・弥生時代の遺物とおぼしい小型の円盤状女面土器や手形・足形・環状土器の夥しいコレクションが出てくる。僕はその幾つかを選び出し、後はゴミ箱に捨ててまおうとした。そこに下宿のステテコ姿の老主人が現われ、口角泡を飛ばしながら「これは貴重なものだ。高く売れるぞ!」と頻りに惜しがる。爺さんは、俄かに指揮者となって荷物のまとめを手伝い始める。

その時、廊下を学生服やセーラー服を着た地方の学生が、荷物を持って賑やかに通るのが見えた――僕はその時、しみじみ思ったのだ……

『ああ、僕の後釜たちがやって来たんだな……みんな純情可憐な表情をしているな……さあ、彼らのためにも、僕はこの部屋を明け渡さなきゃいけないんだ……』

今日と明日は教員免許状更新講習である。僕には何となしに、この夢の意味が分かったような気がする。

« 新編鎌倉志巻之三 円覚寺 終了 | トップページ | 送り火 »