フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ひとりだけの水族館 第1水槽 FLEURS DU MAL | トップページ | ひとりだけの水族館 第3水槽 エピクロスの園 »

2011/08/06

ひとりだけの水族館 第2水槽 瓔珞之禁裏

ひとりだけの水族館 第2水槽 瓔珞之禁裏

Youraku

ここはね、当初は40個体に及ぶクシクラゲの水槽だったんだけどね、人の顔みたような如何にもな形状と大ぶりの成虫個体が水槽を息苦しく塞ぐ感じになっちゃてね、思い切ってミズクラゲに展示変えをした水槽なんだ。

この水槽では不思議な現象が起きているんだよ。全くの新種が突然変異によって出現したんだ。ほら、画面のやや右にいる明るい色をした一個体、僕の知る限りでは、他のミズクラゲを多量に飼育している水族館の水槽でもまずは見かけないから、レアな現象らしい。私の洗礼名の「ルカ」と名付けたよ。このルカはもうしかし、繁殖させる時間も金もないんだ。可哀想だけど、ルカは孤独なままに消えてゆくんだ。

ここには「唯至」という♂を除いて「源氏物語」の中の僕の好きな登場人物だけが個体愛称に名を連ねているんだ。
夕顔――花散里――空蝉――玉鬘――右近も忘れずに、ね。
繁殖が進まないので惟光という♂もいるよ。考えてみりゃ、同じ「光」の名を持った乳兄弟の彼は、光のアリバイ作りやら夕顔の遺体処理やら、ただただ光の影のようなもんだったからね、せめてここでのびのびしてもらおうと思ってさ。

えっ? ああっ? あのウミウシかい? あれはね「靜」というんだ。実はこの水槽のベントス系は別テーマでね、他にもテーブルサンゴの間に三匹ほど隠れているんだ……いや、これはやめておこう……君が「こゝろ」という作品を読んで考えたまえ、僕がどうしてこの4人を総て交配不能な孤独地獄に陥れたかを、ね……

この水槽にはテーブルサンゴを左手から右手奥に、それぞれ形状の回転と大きさを変化させながら配して、擬似的な遠近感を演出しているんだ。因みに、僕はこのテーブルサンゴがいっとう好きだ。世の中には水族館の水槽にあるまじき愚かしい人間趣味の下劣なアイテムを並べて悦に入ってる輩もいるが、僕はああいうのは大嫌いなんだ。僕の水族館には、このテーブルサンゴさえあれば、他に何もいらないと言ってもよいほどに、好きなんだ――

« ひとりだけの水族館 第1水槽 FLEURS DU MAL | トップページ | ひとりだけの水族館 第3水槽 エピクロスの園 »