フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 平常着 土岐仲男 | トップページ | 秋草 土岐仲男 »

2011/09/09

蓮の華 土岐仲男

蓮の華

蓮の華は咲いている
一つ一つ花弁はくねり
一つ一つの色の濃淡
どこかに䕃をつくり
どこかで光をはじく
一ひらではなく
二ひらではなく
まこと万朶のはなびらが
立つもあり
坐するもあり
跳るもなりわだかまるもあり
おのがじし思い思いに
左し右しおどけつつ考えつつ
しかも相集って何かを抱く
汚れた水の上
澄んだ水の上
流れ流れる水の上
何か尊いものが真中にあって
また尊いものが普ねく亘っていて
それが美しい香と棚引き
何の微粒子かわからぬものもあって
それでいて全部が整然と乱れ
開き揃っていると言えば揃い
たしかに咲いている
昨日までは無かった事
明日はまた内であろう事
それ故に愉しく
それ故に悲しく
それ故に憂いなく
しかも億万劫の生命を伝え
億万劫の悩みと解決を伝え
今の刹那は
それを確かに明らかに咲いている事
力一杯に咲いている事
その華は私であり
私は又その華でもある
その華は私の恋人のヨニーであり
その華は又赤ん坊の乳房である
釈迦自らが見
釈迦自らが成就した華
その華を私も見る
釈迦の華は釈迦の華であり
私の華は私の華である
宇宙全体が一華であり
事々無碍がそこにある
誰もその華を見ようとは言わない
その華は誰にも見えないところの咲いている
然しその華は誰にも見えている
眼を閉じても
眼を開いても
華は無く
華は有り
華は
華は
釈迦の愛した蓮華である

[やぶちゃん注:「ヨニー」は梵語の<yoni>で、女陰または子宮、女性生殖器。一般には外生殖器を指すことがことが多い。ヨニ。男根を意味する対語は<linga>。
「事々無碍」は「じじむげ」と読む。「事事無碍法界」のこと。「華厳経」に基づく華厳思想では四法界(事法界・理法界・理事無碍法界・事事無碍法界)という考え方がある。「法界」とは、我々の感知可能な現実と、その裏面にある実相を含めた世界全体を言う。無常の現象としての現実世界を「事」の世界として捉えて「事法界」、その「事法界」を働かせている原理の世界が「理法界」、その「事」と「理」が妨げ(「碍」)が全くなく、複雑に絡み合って渾然一体となり、共鳴し合っている状態が「理事無碍法界」、そこから「理」を取っ払って「事」だけとなっても、「理事無碍」と変ることなく渾然一体共鳴共振状態にある完全調和した世界を「事事無碍法界」と言う。
ここで仲男の言う「蓮華の華」は、また「古事記」や「日本書紀」に載せる、「ときじくの花」(垂仁天皇が常世国に使者を遣わして持ち帰らせた不老不死の霊薬「非時香菓」(ときじくのかぐのこのみ)「非時香木実」(時じくの香の木の実)」であり、芥川龍之介の「スマトラの勿忘草」でもあったに違いない。]

« 平常着 土岐仲男 | トップページ | 秋草 土岐仲男 »