フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アレクサンドル・タローのラモーが僕の胸に掌を乗せる | トップページ | 世界は »

2011/10/22

母の歌集から

母の歌集から僕が選した。但し、推敲されたものは僕の感覚で推敲案を選択してある。また、歴史的仮名遣いや送り仮名の一部を補正(拗音の正字化を含む)、更に漢字表記を恣意的に正字にしてある。

 郭公の 初鳴き聞けば
    良きことあるかに 心浮き起つ

 鳥よけの 風車は やさし峽田(はざまだ)に
    朝毎に見る 鴨の睦むを

 けしの花 音もなく散り ニユース告ぐ
    昭和を生きし 女優の死去を

 二上に 共にのぼりて 弟の
    再起をかけし 鐘よひびけと

 初夏の風 早苗くすぐり 過ぎゆけば
    おたまじやくしの 動きにぎはふ

 五十路越えて 犬との散歩 田園の
    移り變はりの 機微に親しむ

 スカンポの ほのくれなゐに 風吹けば
    遠き記憶の 甘ずつぱき日

 雨さけて 大木のもと 寄る二人
    雨打つ葉音 それぞれに聞く

 雨はれて 明けし窓あり 庭先の
    合歡の花の香 臥(ねや)に入り來る

 新緑の 下(もと)に廣がる つめ草を
    花かんざしに 少女たはむる

 公園は 梅雨の晴れ間の 光滿つ
    眺望臺に 初老の夫婦

 落花せし 花を惜しみて
    柿の實を 數ふる我を 夫は笑ひぬ

 わが所作を 笑ひし夫も
    靑き實を 數へゐるらし 柿の木の下(もと)

 廢されし 鐵道線路は 夏草に
    おほはれており 陽炎燒えて

 文明は 都會に厚く 郷里は
    汽車は廢線 學舍も無し

 この町の 醫業にかけてし 父永眠る
    故里の岡 三年とせぶり佇つ

 子等はみな 都會に出でて 故里の
    岡に淋しく 墓殘るのみ

 やりどなき 想ひを抱きて 來し濱邊
    波のしぶきに 夕暮は來る

 ついと飛ぶ 背黑せきれい 葉にふれて
    蓮の玉露 光こぼれり

 山ぎはの 一もと合歡の 花の群
    夕風立ちて ひぐらしの鳴く

 雨あがりて 開けし窓より 合歡の花
    あはきかをりの 閨に流るる

 新しき 糠を買ひ來て 糠床に
    手を加へをり 子の歸省待つ

 夜嵐に 散りこぼれたる 葛の花
    あはき香をりを 踏まず通りぬ

  炎天下 生まれし子犬 みな去りて
    荒らせし 庭に 白萩の散る

 目を病むと 姉の電話の 切れし夜
    しまひ忘れし 風鈴の音

 歸省する 車窓に見ゆる 高千穗に
    父と登りし 若き日かへる

 もずの聲 靜寂破ぶり 鳴きゆきぬ
    遠き友逝く 知らせ受けし日

 柿の葉を はききよめゆく 音のみに
    虚しき裡を いやされる朝

 竹とんぼ 子等の歡聲 夢のせて
    吸い込まれゆく 秋空の中

 冬の夜の 裸木に光る ネオン星
    眠れる木々の 悲しみ聞こゆ

 降りつもる 雪のふくらみ 母の胸
    しのばせそつと 掌をあててみる
[やぶちゃん注:本歌は上句二句目を恣意的に操作してある。]

 庭石に 積りし雪の ふくらみに
    母を想ひぬ やはらかき胸

 一鉢の 梅の香りは 室に滿つ
    外は二尺の 雪降り積るなり

 鈍き陽を 受けて地藏の よだれかけ
    わづかにあせて 雪を吸ひ込む

 畦道の 雪をかきわけ 摘みし芹
    夫との膳に 春を語らふ

 雪殘る 谷の斜面を うめつくし
    雪割草も 今はまぼろし

 マスカツト 見れば偲ばるる 亡き姉の
    象の涙と 言ひつつ食みしを

« アレクサンドル・タローのラモーが僕の胸に掌を乗せる | トップページ | 世界は »