フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ340000アクセス記念 下島勲 芥川龍之介氏のこと + 片岡鉄兵 作家としての芥川氏 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(4) »

2012/01/07

殴られ土下座をした白洲次郎

僕は「日本一カッコいい男」「真のリベラリスト」「プリンシプル」白洲次郎がどうにも好きになれないでいる。いや、それどころか、柴田哲孝著「下山事件 最後の証言」の犯行グループと思しき連中と一緒に写真に映っているように、彼はあの下山謀殺にも深く関わっているんではないかとさえ僕は疑っているぐらいだ。それがかのドラマ以来、如何にもな讃えられようではないか。ウィキなんぞでも褒めっぱなしだ。ところが先日、そんな僕の不快感を払拭し、溜飲の下がる思いがした記事を読んだ。批評社の社評雑誌『Niche(ニッチ)』27号(2012年1月1日)の副田護氏の「ある参謀将校の告白」の「戦時中の知識人たち」の末尾の方にそれはあった。これは1995年秋に大本営陸軍部(参謀本部)参謀将校某中佐参謀へのインタビュー(名前は伏せられており、この後に亡くなっているとある)である。以下に該当箇所を引用させて頂く。

 
 最後に知識人と言えるかどうかわかりませんが、白洲次郎についてお話ししましょう。昨今、「マッカーサーにNOと言ったただひとりの日本人」「軽井沢ゴルフクラブから田中角栄を追い出した」などと、英雄扱いされていますが、私の知る限り、白洲と言う男は度胸もなにもない「腰抜け」でした。
 昭和十九年の秋口だったか、負け戦続きのころです。私は何人かの同僚と小料理屋で酒を呑んでいました。突然、廊下から怒鳴り声が響き、同時に誰かが殴られたようでした。襖を開けて出てみると、仁王立ちになった参謀将校がいて、長身の男が頬を押え泣きながら土下座して謝っています。
 参謀将校は広島幼年学校で私の先輩であり、陸大では専科のK・H中佐でした。H中佐をなだめていたのが樋口季一郎中将、襖越しに室内を覗くと、辰巳栄一中将がいます。H中佐に、なにがあったのですか、と聞きましたら、長身の男は辰巳中将に徴兵逃れを依頼し、そのお礼で一席設けていたとのことでした。
 当時、徴兵逃れなど珍しくもありません。どこの町内にも一人や二人いて、徴兵された留守宅の女性たちと生臭い噂をふりまいていたものです。徴兵逃れだけでしたら舌打ちのひとつで済んだものを、この長身の男は大声で「こんな戦争、始めたやつの顔が見たい。馬鹿じゃないか」と放言し、たまたま廊下を通りかかったH中佐に張り倒されたというのが顛末でした。
 辰巳中将と英国留学時代に親しかったというその男は白洲次郎と聞きました。あのおどおどした土下座姿を見た私には、マッカーサーにNOと言ったことは伝説伝聞の類で信用できません。関係者何人かから、白洲にそんな度胸があるはずもない、フィクションだという話も聞いております。軽井沢ゴルフクラブから田中角栄元結理を追い出したのは、身の安全が保障されていたからでしょう。白洲次郎について「権威に屈さず、プリンシプルを重んじ、筋を通す」と評されます。私は、辰巳中将という虎の威を借りて徴兵逃れした上に思いあがった暴言を吐き、一参謀将校に張り倒されると泣いて許しを乞うていた男に、この評価は絵空事のように思えてなりません。

« ブログ340000アクセス記念 下島勲 芥川龍之介氏のこと + 片岡鉄兵 作家としての芥川氏 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(4) »