フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 霜柱 | トップページ | 鈴木しづ子 三十四歳 『樹海』昭和二十九(一九五四)年十月号しづ子詐称投句全掲載句 »

2012/01/28

ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(12)

 或る日、私はゴルウェーからダブリンへ歩いてゐた。途中で日が暮れて、まだ町まで十哩もあるので、何處か夜を過す處を探してゐた。するとひどく雨が降り出し、私は歩き疲れたので、道の向う側に屋根のない家らしいものが見えたので、壁が雨除けになるだらうと思つて中にはひつた。
 四邊(あたり)を見廻はすと、二パーチ〔約五間半〕ぐらゐ先の木立の間に一つの燈火が見えた。どんな家であらうと此處よりはましだと思つて、塀を越えてその家まで行き、窓から中を覘いて見た。
 一人の死人がテーブルの上に寢てゐて、蠟燭が點(とも)り、一人の女がそれを見守つてゐた。それを見た時はびつくりしたが、雨がひどく降つてゐるので、「死人は何もしやしない」と獨言を云ひながら、戸を叩くと、その女が來て戸を開けた。
 「今晩は、お内儀さん」と私は云ふ。
 「今晩は、旅の衆。」と女は云ふ。「雨の中にゐないで、おはひりなさい。」
 そこでその女は私を中に入れ、亭主に死なれてお通夜をしてゐるところだと云つた。
 「だが、お前さん、喉が乾いてゐるでせう。」彼女は云ふ。「客間にいらつしやい。」
 そこで私を客間につれて行き――ちよつと立派な家だつた――そしてコップをソーサーに載せ、甘さうな砂糖とパンを添へて、テーブルの上に出した。
 お茶がすんだので、私は、死人のゐる茶の間に戻つて來た。彼女はテーブルから立派な新しいパイプにアルコールを一滴垂らして、私にくれた。
 「お前さん、」彼女は云ふ。「この人と二人きりになつたら怖かありませんか?」
 「ちつとも怖かありませんよ、お内儀さん。」私は云ふ。「死人は何もしやしません。」
 すると彼女は亭主の亡くなつた事を近所の人に知らせに行きたいと云つて、出て行き、外から鍵をかけた。
 私は煙草を一服吸つて椅子にもたれ、もう一服テーブルから取つて、――さうさう、今あなたがしてゐるやうに――椅子の凭(よ)つかかりに手を持たせかけて、それを吸ひながら、死人の方を見てゐると、死人は私のやうに大きな目を開けて、こつちを見た。
 「お前さん、怖がらなくてもいいよ。」その死人が云ふ。「私は決して死んでるのぢやないのだ。此處へ來て助け起してくれ、譯を話して上げるから。」
 よしとばかり、私は立つて行き、敷布を取つてやつた。すると彼は綺麗なシャツを着て、立派なフランネルのズボンをはいてゐた。
 彼は起き上つて、云ふには――
 「私は惡い女房を持つたんでね、お前さん。彼奴の振舞を見とどけてくれようと、死んだ眞似をしてるところだ。」
 それから女をやつつける爲の二本の手頃な棒切れを取つて來て、それを両脇において、また死んだやうに長長と横になつた。
 半時間もたつと彼の妻は歸つて來たが、若い男が一緒に來た。さうしてその男に茶を出し、疲れてゐるだらうから寢室に行つて寢たらよいと云つた。
 若者ははひて行き、女は死人の傍に腰掛て見守つてゐた。少したつと彼女は立ち上つて、云ふには、「お前さん、私はちよつと寢室に行つて燈(あかり)を消して來ます。あの若い人はもう寢つてしまつたらうから。」彼女は寢室にはひつて行つたが、それきり出て來なかつた。
 すると死人は起ち上つて二本の棒を押つ取り、今一本を私に渡した。私たちがはひつて行くと、女の頭は男の腕にかかへられて寢てゐるのを見た。
 死人は棒切れで男に一撃を喰はした。血は迸つて、廊下まではねた。
 それでおしまひ。

One day I was travelling on foot from Galway to Dublin, and the darkness came on me and I ten miles from the town I was wanting to pass the night in. Then a hard rain began to fall and I was tired walking, so when I saw a sort of a house with no roof on it up against the road, I got in the way the walls would give me shelter.
As I was looking round I saw a light in some trees two perches off, and thinking any sort of a house would be better than where I was, I got over a wall and went up to the house to look in at the window.
I saw a dead man laid on a table, and candles lighted, and a woman watching him. I was frightened when I saw him, but it was raining hard, and I said to myself, if he was dead he couldn't hurt me. Then I knocked on the door and the woman came and opened it.
'Good evening, ma'am,' says I.
'Good evening kindly, stranger,' says she, 'Come in out of the rain.' Then she took me in and told me her husband was after dying on her, and she was watching him that night.
'But it's thirsty you'll be, stranger,' says she, 'Come into the parlour.' Then she took me into the parlour--and it was a fine clean house--and she put a cup, with a saucer under it, on the table before me with fine sugar and bread.
When I'd had a cup of tea I went back into the kitchen where the dead man was lying, and she gave me a fine new pipe off the table with a drop of spirits.
'Stranger,' says she, 'would you be afeard to be alone with himself?'
'Not a bit in the world, ma'am,' says I; 'he that's dead can do no hurt,' Then she said she wanted to go over and tell the neighbours the way her husband was after dying on her, and she went out and locked the door behind her.
I smoked one pipe, and I leaned out and took another off the table. I was smoking it with my hand on the back of my chair--the way you are yourself this minute, God bless you--and I looking on the dead man, when he opened his eyes as wide as myself and looked at me.
'Don't be afraid, stranger,' said the dead man; 'I'm not dead at all in the world. Come here and help me up and I'll tell you all about it.'
Well, I went up and took the sheet off of him, and I saw that he had a fine clean shirt on his body, and fine flannel drawers.
He sat up then, and says he--
'I've got a bad wife, stranger, and I let on to be dead the way I'd catch her goings on.'
Then he got two fine sticks he had to keep down his wife, and he put them at each side of his body, and he laid himself out again as if he was dead.
In half an hour his wife came back and a young man along with her. Well, she gave him his tea, and she told him he was tired, and he would do right to go and lie down in the bedroom.
The young man went in and the woman sat down to watch by the dead man. A while after she got up and 'Stranger,' says she, 'I'm going in to get the candle out of the room; I'm thinking the young man will be asleep by this time.' She went into the bedroom, but the divil a bit of her came back.
Then the dead man got up, and he took one stick, and he gave the other to myself. We went in and saw them lying together with her head on his arm.
The dead man hit him a blow with the stick so that the blood out of him leapt up and hit the gallery.
That is my story.

[やぶちゃん注:「二パーチ」“perch”はイギリスの距離単位。1パーチは約5.03mであるから凡そ十メートル。
「彼女はテーブルから立派な新しいパイプにアルコールを一滴垂らして、私にくれた。」原文は“and she gave me a fine new pipe off the table with a drop of spirits.”。葉巻にウィスキーを湿らせたり、煙草の葉にスピリッツをまぶして吸うことは、習慣として存在し、私もやったことがある。従って私はこの訳を別段、不思議に思わなかったが、ここを栩木氏はパイプ煙草に加えて、『ウィスキーも一杯くれましてな。』と訳しておられる。確かに、この後、雨に降り込まれて冷えた旅人(パット爺さん)をこのような通夜の場に残して、妻が出かけるということを考えれば、これは一杯の酒の方がしっくりくるとは思う。
「廊下まではねた」原文は“hit the gallery”。これを栩木氏は『ランプの火屋(ほや)受けにまでかかったのでした』と訳しておられる。通常のネットの辞書では見当たらないが、研究社の「リーダーズ+プラス」の“gallery”の最後の5番目の意味に「ランプのほや受け」とあった。所謂、ガラス製のホヤを受け、更にそれをオイルの壺と接続する部分の、装飾を施した金物である。映像としては、断然、このランプのほや受けに飛び散る血糊のアップの方がいい。

なお、言わずもがなであるが、このパット爺さんの話は後のシングの初期戯曲“In the Shadow of the Glen”(「谷間の影」1903年)の素材となった。]

« 霜柱 | トップページ | 鈴木しづ子 三十四歳 『樹海』昭和二十九(一九五四)年十月号しづ子詐称投句全掲載句 »