フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「曽根崎心中」夢 | トップページ | 鈴木しづ子 三十四歳 『樹海』昭和三十(一九五五)年一月号しづ子詐称投句全掲載句 »

2012/01/30

ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(15)

 空は晴れ渡つて暖く照らし、全島を耀かしい寶石の如く光らせ、海と空をば蒼い輝かしい光で充たしてゐる。
 私は岩の上に足を投げ出さうとやつて來た。前には北島の緣が黑ずんで見え、右手には餘りの靑さに眺められない位なゴルウェー灣が、左手には大西洋が、脚の下には切り立つた斷崖があり、頭の上には無數の鷗が翼で白い卷雲を作つて、追ひつ追はれつ飛んでゐる。
 冠鳥の巣が何處か近くにあるらしく、年取つたのが一羽、頭の上、四十ヤード位の高さから手の届くまで近く、石のやうに絶えず落ちて來ては、私を追ひ立ようとしている。
 をさ鳥は時々鯖を追つて、急に飛び下りながら、瀨戸の彼方此方を飛んでゐる。もつと沖の方にはキルロナンを出て西の方の深海に夜釣に出かける漁船の一隊が見える。
 此處に何時間も休んでゐると、私も斷崖の野外遊戲に入り交つて、鵜や烏の仲間入りをしてゐるやうな氣がする。
 多くの鳥は未開人の虛榮心を以つて私の目前で、これ見よがしに私の姿の見えてゐる間は、不思議な圓を描いてゐるが、私が行つてしまふと、岩の突出しに戻る。或る者は驚くほど巧妙に、長い時間を羽搏(はばた)き一つせずに、優美な姿をありありと浮かべて、餘り自分の巧さに夢中になつて、時時他の鳥と衝突する。そしてその後で亂暴な嘲りの聲が次いてどつと起る。彼等の言葉はゲール語より容易しい。私は答へる事は出來なくても、その叫び聲の大方はわかるやうな気がする。彼等にはガーガー聲の中に、不思議な效果となつて上げる一つの物悲しい音色がある。その音色を彼等は譯の分からない一種の哀音となして、崖沿ひにそれからそれへと傳へて行く。恰かも彼等は暫く、霧の恐ろしさを憶ひ出したかのやうに。
 東の方、低い一面の岩の上には、赤や灰色の多くの人が忙しさうに働いてゐるのが見える。昨夜の慘めさから今日の輝かしさへ、極りなく變化する此の島の氣候は、藝術家や一種の精神状態によくある悲喜交々する氣分に類似したものを此處の人たちに植ゑ付けたやうである。とは云ふものの、島の本當の精神は或る文句の音調か、古い歌の斷片に於いてのみつかみ得るに過ぎない。何故なら、概して人人は一緒に腰掛けて、汐の事、魚の事、コニマラに於ける海草灰の値段の事などを盡きる事なく話してゐるからである。

It has cleared, and the sun is shining with a luminous warmth that makes the whole island glisten with the splendor of a gem, and fills the sea and sky with a radiance of blue light.
I have come out to lie on the rocks where I have the black edge of the north island in front of me, Galway Bay, too blue almost to look at, on my right, the Atlantic on my left, a perpendicular cliff under my ankles, and over me innumerable gulls that chase each other in a white cirrus of wings.
A nest of hooded crows is somewhere near me, and one of the old birds is trying to drive me away by letting itself fall like a stone every few moments, from about forty yards above me to within reach of my hand.
Gannets are passing up and down above the sound, swooping at times after a mackerel, and further off I can see the whole fleet of hookers coming out from Kilronan for a night's fishing in the deep water to the west.
As I lie here hour after hour, I seem to enter into the wild pastimes of the cliff, and to become a companion of the cormorants and crows.
Many of the birds display themselves before me with the vanity of barbarians, performing in strange evolutions as long as I am in sight, and returning to their ledge of rock when I am gone. Some are wonderfully expert, and cut graceful figures for an inconceivable time without a flap of their wings, growing so absorbed in their own dexterity that they often collide with one another in their flight, an incident always followed by a wild outburst of abuse. Their language is easier than Gaelic, and I seem to understand the greater part of their cries, though I am not able to answer. There is one plaintive note which they take up in the middle of their usual babble with extraordinary effect, and pass on from one to another along the cliff with a sort of an inarticulate wail, as if they remembered for an instant the horror of the mist.
On the low sheets of rock to the east I can see a number of red and grey figures hurrying about their work. The continual passing in this island between the misery of last night and the splendor of to-day, seems to create an affinity between the moods of these people and the moods of varying rapture and dismay that are frequent in artists, and in certain forms of alienation. Yet it is only in the intonation of a few sentences or some old fragment of melody that I catch the real spirit of the island, for in general the men sit together and talk with endless iteration of the tides and fish, and of the price of kelp in Connemara.

[やぶちゃん注:「冠烏」“hooded crows”はスズメ目カラス科ハイイロガラス(ズキンガラス)Corvus cornix のこと。ハシボソガラスCorvus corone の亜種とされる。ウラル山脈以西のロシアや東ヨーロッパ・北部ヨーロッパに広く棲息する。体長約50cmで雑食性、灰色の体に黒ずんだ濃紺の頭・胸と濃青色の翼を持つ。通常は高木の梢に営巣する。
「四十ヤード」約36m 強。
「をさ鳥」“Gannets”。オサドリはカツオドリの別名で、元は小笠原方言とする記載が多い。通常なら英名のこれは確かに和名のペリカン目カツオドリ科カツオドリSula leucogaster を指すのであるが、この「カツオドリ」を逆に調べてみると、英名では“Brown Booby”となっており、やや同定に躊躇する。逆に英語の“Gannet”を調べると、同じカツオドリ科のシロカツオドリMorus bassanusに“Northern Gannet”の英名が与えられている。シロカツオドリの繁殖地域は北大西洋で、現在の主な繁殖地としてアラン島に近いアイルランド南西端がドットされており、また、海を見下ろす崖や小さな岩塊の多い島に大きな集団営巣地を形成することからも、「シロカツオドリ」が有力な正式同定候補となるように思われる。
「海草灰」原文の“kelp”は、通常ならば大型のコンブ類の生体を指すが、ここでは姉崎氏の訳したように海藻を燻して灰にしたものを指している。これはコンブの他、アラメ・カジメ・ホンダワラなどを含む広範な褐藻類を天日干しにした上で、更にそれを蒸し焼きにして作った灰で、当時は農業用のカリウム肥料や西洋人に欠乏しがちなヨードを精製するための原料にした。後にその粗製シーンが描写される。但し、姉崎氏の「海草灰」という訳語は海洋生物愛好家の私にはいただけない。「海草」は水棲種子植物を指し、植物分類学上のケルプ類=海産藻類とは全く異なるからである。]

« 「曽根崎心中」夢 | トップページ | 鈴木しづ子 三十四歳 『樹海』昭和三十(一九五五)年一月号しづ子詐称投句全掲載句 »