フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(10) | トップページ | 最終巻 新編鎌倉志卷之八 テクスト化始動 »

2012/01/22

宇野浩二 芥川龍之介 二~(5)

 その日[大正九年の十一月二十三日]の晩、私たちが、新京極のナニガシ劇場を出て、暗〔くら〕い底冷〔そこび〕えのする寒い夜〔よる〕の町を、いそぎ足にあるいて、七条の停車場についたのは、十時半であった。上りの汽車が出るまで二十分ぐらいあったので、私たちはその二十分ほどの時間をもてあました、いや、もてあます、というより、閉口した。夜〔よる〕も十一時ともなれば、あのだだっ広〔びろ〕い七条の停車場の前の広場は真暗〔まっくら〕であり、もとより、土産物〔みやげもの〕を売る商店などは皆ほとんど戸〔と〕をしめており、ただ二三軒の宿屋の入口から明かりがさしているだけである。その広場をいくら足ばやにあるいてみても、待合室の隅〔すみ〕の方に体〔からだ〕をゆすりながら立っていても、顔がいたくなるような寒さをおぼえ、足の裏から冷〔つめ〕たさが体〔からだ〕に凍〔し〕みとおるような気がしたからである。
 ところで、これだけの記憶があって、さきに引いた芥川の全集の書翰篇に出ているような、この日、江口 渙にあてて、絵葉書に、芥川と寄せ書きをした覚えなどはまったくないのである。まして、京都のどこでそういう寄せ書きをしたかというような記憶はまったくないのである。ところが、ただ一〔ひと〕つ、妙な記憶が、ふしぎに、残っているのである。それはこういう話である。
 京都の、どこであったか、(たぶん私たちが一服した新京極の喫茶店であったかと思うが、それもうろ覚えである、)芥川が、なにかの話のとぎれた時、ちょっときまりのわるそうな顔をしながら、
「君〔きみ〕、コレ、ぼくの家にもって帰って、もし見つかったら困るから、あずかっといてぐれないか、」と、ここで、例のニヤニヤ笑いをしながら、「なんなら、どうだ、君も、ひとつ、コレを、『しよう』してみたら、――もっとも、『しよう』というのは、『使い用』の『しよう』と『試み用』の『しよう』と、その二〔ふた〕つの意味を、かねてだよ、」と、云った。
「……だって、さっき、君は、『ソレ』をつかって、失敗して、『ちょいと吾妹〔わぎも〕が悲鳴をあげた』などと、云ったじゃないか。」
「吾妹〔わぎも〕といえば、万葉集の、『秋の宿に濡れつつをればいやしけどわぎもが宿し思ほゆるかも』、『わぎも子がゑめるまよびき面影〔おもかげ〕にかかりてもとな思ほゆるかも』、などという歌は、じつに好もしいじゃないか。」
「……ふん、……が、僕は、そんなゴマカシには乗らないよ……しかし、『ソレ』は、あずかってやろう、但し、云っとくが、僕は、『コンナモノ』は、つかわないよ。」
この芥川が『コレ』といって私にわたしたものは、あの、前にのべた、四目屋〔よつめや〕と宮川町の一件と新京極の喫茶店で芥川と私がかわした妙な問答を思い出してくださらば、敏感な読者には、(いや、いかなる鈍感な読者でも、)直〔ただ〕ちに、想像できるであろう、それは、即〔すなは〕ち、一ばん大きな指サックの五倍くらいの大きさの張型(『ハリカタ』)である。(ところで、私は、この時、芥川からあずかった『張型』を、どこにしまったか、⦅袂〔たもと〕のなかに入れたか、紙入れの中〔なか〕にしまったか、⦆自分の家にもって帰って、どこにしまったか、まったく忘れてしまった、それゆえ、あの時の由緒〔ゆいしょ〕ある『ハリカタ』は行方不明〔ゆくえふめい〕となってしまったのである、閑話休題。)

« ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(10) | トップページ | 最終巻 新編鎌倉志卷之八 テクスト化始動 »