フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鈴木しづ子 三十三歳 『樹海』昭和二十七(一九五二)年十二月号しづ子詐称投句全掲載句 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(5) »

2012/01/09

宇野浩二 芥川龍之介 二 ~ (1)

複数のプロジェクトの同時進行であるため、一遍に大部のテクスト化が出来ないため、行空きのある部分までのパート公開を行う。宇野浩二「芥川龍之介」更新を楽しみにされている方、悪しからず。ゆっくらと読みましょう。今回は僕の注も附しました。かなりセクシャルな内容ですから、未成年の方は自己責任で。

    二

 京都についたのは、夜〔よる〕の七時頃であった。私たちは、駅から、すく先斗町〔ぽんとちょう〕へ、むかった。その前の日、さきに述べたように、堀江の茶屋で、広島晃甫にあった時、京都で一〔ひ〕と晩とまる話をすると、広島が、そんなら、京都の先斗町の『なにがし』という茶庭に「ぼくが、さきに行ってるから、そこへ来〔こ〕ないか、加茂川の岸にあるから、眺めもいいし、感じがいいから、……君たちがとまるように、いっておくから、」と、云ったからである。その先斗町の方へ、私たちは、しだいに、いそぎ足になって、あるきつづけた。あるきながら、「今晩は、しずかに寝られるね、……堀江の川は、掘割〔ほりわり〕で、にごっていて、きたないけど、加茂川は、…」と、芥川が、いった。
 先斗町は、加茂川の、西側の、三条と四条のあいだで、東側の祇園町〔ぎおんまち〕と対して、京都で一流の色町である。近松門左衛門の『長町女腹切〔ながまちおんなのはらきり〕』のなかに「名は堅〔かた〕く、人は和〔やはら〕ぐ石垣町、前には恋の底深き、淵に浮身〔うきみ〕を、ぽんと町〔ちやう〕」という文句がある。
 ところが、その先斗町の『なにがし』という茶屋をたずねると、奥の方から、二十二三の、背〔せ〕のすらりとした、色の白い、見目〔みめ〕のうつくしい、芸者が、出てきて、私たちの顔を見ると、いきなり、「まあ、先生……」と、ちょっと呆〔あき〕れたような顔をして、いった。
 私は、ふと、その女の顔に、どこか、見おぼえがあるような気がしたので、何となしに、「やあ」と、応じた。
  すると、その芸者は、また、いきなり、「こないだは、汽車のなかで、……」と、云ってから、すぐ「……菊池先生〔せんせ〕は、お行儀〔ぎょうぎ〕、わるおすな。パンを、ムシャムシャ、たべはって、その屑〔くず〕を、肥〔こ〕えたお膝の上〔うえ〕へ、ポロポロ…‥」とか、「……あの隅〔すみ〕の方〔ほう〕で、どなたはんとも、口をきかんと、腕ぐみしたまま、むつッとしておいでやした方〔かた〕は、どなたどすね、」とか、たてつづけに、しやべった。
 これには、二人〔ふたり〕とも、呆気〔あっけ〕にとられて、ちょっとの間〔あいだ〕、ポカンとしていたが、これで、この女が、京都から大阪までの汽車のなかで、私たちと反対の側の、羽左衛門たちとはなれた隅の方に、つつましく腰をかけていた、あの『黒人〔くろうと〕』らしい女のうちの一人〔ひとり〕であったことが、わかった。そこで、私が、その女の『おしゃべり』のすむのを待って、広島が来ているか、と聞くと、女は、急に、ふしぎそうな顔をして、「えッ、……広島先生〔せんせ〕は、一〔ひと〕と月〔つき〕ぐらい前から、……」と、いった。すると、芥川は、女の話を、それだけ、聞くと、私の方〔ほう〕をむいて、「じや、ほかへ行こうか、」と、いった。「行こう、」と、私が、いうとともに、私たちは、さっさと、その茶屋を、出た。
 せまい先斗町を南のほうへあるきながら、私が、無言で私の半歩ほど前を早足にあるいて行く芥川に、「どこか、とまるとこ、知ってる、……どんな宿屋でもいいよ、」と、いうと、芥川は、しだいに足を早めてあるきながら、ちょいと私の方〔ほう〕をふりむいて、「宮川町へ行こう、」と、いった。そうして、その云〔い〕い方〔かた〕は芥川としては、めずらしく、押しつけがましいところがあった。
 宮川町とは、先斗町を通〔とお〕りぬけて、四条大橋をわたり、すく右にまがって、加茂川にそうて南の方へ行ったところにある、かなり大きな茶屋町である。しかし、ここは、笹町や先斗町の芸者が出入りするように茶屋に遊女が出入りするところに、特徴があり、一部の人にしたしまれた。それで、私は、芥川に、おもいがけなく、「宮川町に行こう、」といわれた時は、一瞬、『オヤ、』と、思ったが、すぐ『ままよ、』と、思いなおして、ますますいそぎ足になる芥川のあとを追うように、早足で、あるきつづけた。
 ところが、芥川は、四条橋をわたってから、すぐ右へまがらずに、まっすぐに、南座の前をとおり、縄手通〔なわてどお〕りを横ぎり、祇園新地を東の方へ、すすんで行った。そうして、縄手通りから半町〔はんちょう〕ほど行った四〔よ〕つ辻〔つじ〕の右の手前の角〔かど〕の、軒〔のき〕につるした赤い細長〔ほそなが〕い提燈〔ちょうちん〕とうす暗〔ぐら〕い陳列窓に妙な特徴のある、うすぐらい、何〔なん〕ともいえぬ異様な感じのする、家のなかに、芥川は、つかつかと、はいって行った。
『都の手ぶり』のなかに、「佐佐木の家の幕じるしかと思ふばかりなる紋[四つ目の紋]附けたる軒あり、茶鬻〔ひさ〕ぐにや、長命・帆柱など、金字にだみたる札を掛けたり、」とあり、また、『古朽木』のなかに、「四目屋〔よつめや〕が薬じゃ、目出度き名を持ちながら、上下〔かみしも〕著〔き〕鼻の先へは出されぬも、をかしく、」とあるのは、江戸の両国橋のあたりにあった、長命丸などという、風紀に触〔ふ〕れるような事をおこす元〔もと〕になる、『クスリ』や弄具などを売る、四目屋という、家のことである。
「佐佐木の家の幕じるしかと思ふばかりなる紋[四つ目の紋]附けたる軒あり」江戸両国米沢町二丁目にあった四つ目屋忠兵衛店のこと。性具・媚薬を商う日本最古のアダルト・ショップとして知られる店である。近江源氏佐々木氏の四つ目結(四角の中に小さな一つ小さな白抜の□を配した「一つ目結」を方形に四つ並べたもの)を家紋とした。明治中期までは存続していたらしい。
「長命」「帆柱」とは、四目屋名代の秘薬「長命丸」と「帆柱丸」で、どちらも房中用強精剤。前者は射精を遅らせる塗布薬、後者は勃起促進か勃起持続剤であろう。
「だみたる」の「だみ」は「だむ」で、マ行四段活用の動詞。 「彩色する・彩る」又は「金箔・銀箔を張る」の意。
『古朽木』は江戸の狂歌師で戯作者であった朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ 享保二十(一七三五)年~文化十(一八一三)年)が安永九(一七八〇)年に恋川春町画で版行した滑稽本。]
 今、芥川が、つかつかと、こそこそと、はいって行ったのは、それとおなじ名の、おなじような物をうる、『四目屋』という家であった。芥川は、その家で、自分は、張型(『ハリカタ』)というものを買い、私には、「君〔きみ〕は、大〔おお〕いに刺戟させる必要がありそうだから、……」と、いって、『アポロン』という薬を買うことをすすめた。『張型』は、茶色のゴムで、形は懐中電燈の形〔かたち〕であるが、大きさは懐中電燈の半分ぐらいである。(しかし、芥川は、その翌日の昼頃〔ひるごろ〕、新京極の喫茶店の隅〔すみ〕で、それを私に見せながら、「これに湯を入れると、この倍ぐらいになるよ、」といった。)
それから、『アポロン』は、茜草〔あかねそう〕の類〔たぐい〕の樹皮から採取したものを錠剤にしたものである。(『犬筑波集』のなかに、「あづまぢの誰〔た〕が娘とか契〔ちぎ〕らん⦅といふ句に⦆あふ坂山を越ゆるはりかた」という歌がある。)
 さて、四日屋を出ると、芥川は、無言で、道をいそいだ。これは、十月も二十日〔はつか〕をすぎた京都の夜〔よる〕は、じつと一〔ひ〕と所〔ところ〕に立っていると、寒冷の気が足の蓑から体中〔からだじゅう〕にしみとおるような気がするからでもある。
 やがて、宮川町に来た。
 宮川町の茶屋は、どの家も、三階だてで、しかも、一階も、二階も、三階も、みな、細目〔ほそめ〕の格子〔こうし〕づくりである。そうして、それらの家家は、両側に、すき間〔ま〕なしに、たっている。それに、町幅〔まちはば〕は五六間〔けん〕であったから、私は、宮川町に足を一歩〔ぽ〕いれた時、北から南へまっすぐに通〔とお〕っているその五六間の幅の道の両側に、一階、二階、三階、と、それぞれの高さの、細目の格子が、両側に、一枚の塀のように、ずっとつづいているのを見て、思わず、あッ、と、心のなかで、叫んで、立ちどまった。一〔ひ〕と口〔くち〕にいうと、それは、ありふれた形容であるが、壮観であった。
 こういう宮川町を、そのずっと前からであるが、私は、しじゅう、芥川より半歩〔はんぽ〕ぐらいずつおくれて、芥川にひきずられるように、あるきつづけた。と、芥川は、宮川町にさしかかってから半町の半分ほども行かないうちに、右側の一軒の茶屋の格子戸をあけて、すばやく、中〔なか〕に、はいった。しぜん、私も、芥川のあとから、つづいた。はいった途端、中は真暗〔まっくら〕であったが、すぐ、ほのかに、明〔あ〕かりがさし、すうっと入り口の障子があくとともに、仲居〔なかい〕の姿が、あらわれた。
 三階の部屋にとおされると、すぐ窗〔まど〕をあけて、「おお、さむ、」と、いって、あわてて窗をしめた芥川は、「……君、この家も加茂川ぞいだけど、おなじ加茂川を東から眺めるにしても、祇園とここでは、……」といって、ちょっと例の皮肉な微笑をしながら、首をちぢめた。
 やがて、三十分ぐらいしてから、二人の女が、三分ほどのちがいで、前後して、あらわれた。それから、しばらくすると、さきの仲居が、部屋にはいって来た。そうして、その仲居は、芥川のそばに行って、なにか小さい声で芥川と話しあっていたが、やがて、「では、」というようなことをいって、部屋を出ていった。すると、こんどは、芥川が、私のそばに来て、私の耳もとで、「君、わすれないで、さっきの『クスリ』を、のめよ、」と、いった。それから、芥川は部屋の隅の方でちょこなんと坐〔すわ〕っている二人〔ふたり〕の女のうちの瘠〔や〕せた女の方にむかって、「おい、ゆこうか、」と、いうと一しょに、立ちあがった。そうして、芥川は、私の方をむいて、「じゃ、しっけ、」と、いいのこして、さっさと、部屋を、出ていった。すると、やせた女は、あとに残された者になんの挨拶もしないで、芥川のあとを追うように、これも、さっさと、出ていった。
 私は、芥川が、なにか早業〔はやわざ〕のよう事をして、消えうせてしまったような形があったので、にわかに、無聊〔ぶりょう〕を、感じた。が、すこし気もちがおちついてくると、今さき、芥川が、部屋を出しなに、「さっきの『クスリ』をのめよ、」といったことを、ふと、思い出して、ちょっとイヤアな気がしたが、すぐ、いかにも芥川のいいそうな事だな、と、思った。と、こんどは、ちょっとほほえましい気がした。すると、こんどは、ふと、前の日に、堀江で、菊池と町を散歩して、薬屋によった時、菊池が、胃の薬と、『アポロン』に似た薬を買ったので、私が、「そんな『クスリ』、あんまり、きかないだろう、」というと、菊池が、すく例のカン高〔だか〕い声で、癖〔くせ〕の目をクシャクシャさせながら、「きかなかったら、定量の二倍でも三倍でも、のんだらいいんだよ、」と云ったことを、私は、思い出した。
 それを、ふと、思い出して、私は、その晩、女が用をたしに行っているあいだに、『アポロン』を、定量の三倍ぐらい、のんだ。
 さて、芥川の選択によって私にのこされた女は、芥川の女とはなにからなにまで反対で、背のひくい、まるまると太〔ふと〕った、女であった。
 そればかりではない。いつか夜がふけて、いよいよ床〔とこ〕にはいる段になった時、その女は私がなにも聞かないのに、わたし(即ち、その女)は新潟うまれであるから、夏は、もとより、寒〔かん〕ちゅうでも、ハダカで、寝る習慣になっているから、あんた(つまり、私)も、ハダカになりなさい、と、真面目〔まじめ〕に、いうのである、(いや強要するのである。)
 ところが、その床にはいろうとする頃から、話がゲビて恐縮であるが、私は、異様に、尿意をもよおすのを、感じだした。『異様』とは、便所に行っても出ない、出ないから部屋にかえる、部屋にもどると、すぐ、また、尿意をもよおす、というほどの意味である。
 ところが、その便所が、一階の一〔ひと〕つ下〔した〕(つまり、地下室のようなところ)にあるのである。『地下室のようなところ』とは、その茶屋は、加茂川の岸にたっていたから、往来〔おうらい〕(つまり、表〔おもて〕)から見れば、三階であるが、川(つまり、裏)から見ると、一階の下に、また、一階の三分の二ぐらいあいた所〔ところ〕があるので、そこが物置〔ものおき〕と便所になっているのである。そこで、私は、私のあてがわれた三階の部屋から便所にゆくには、四階分〔よんかいぶん〕の階段をおりなければならぬのである。であるから、部置から、便所にゆき、便所から、部屋にかえるのに、八つの階段をのぼりおりしなければならぬのである。その上、そういう異様な状態になっていたので、便所にはいっている時間がながい。しかも、それが十一月二十日すぎの夜中〔よなか〕の行動である。
 ところで、そう長く便所にもいられない上に、便所にいる間〔あいだ〕は体〔からだ〕がこおるような思いをするので、這〔は〕いながら三階の部屋にもどると、越後の女が引きとめる。その越後の女は、その体格のごとく、力もつよいので、一たん部屋にかえってつかまえられると、いくら尿意をもよおしても、ふりはなすのに、二分ぐらいはかかる。ところが、その二分の間に、廊下を一つへだてた部屋から、ときどき「あツツ」という声やおかしそうに笑う声が、夜がふけて、あたりがシインとしているので、かすかな時もあるが、わりにはっきり聞えることもあった。
 さて、何時頃〔なんじごろ〕であったろうか、私は、地下室の便所から、一階へ、二階へ、と、這いながら、あがってきたが、三階のあの部屋にはいるのがイヤになったので、二階のいくつかの部屋のなかの一つの部屋の唐紙〔からかみ〕をそっとあけると、人の寝ていない床〔とこ〕がしいてあったので、私は、ほっとして、その寝床の中に、もぐりこんだ。
 それから、その床の中〔なか〕で、何時間〔なんじかん〕ぐらい眠ったであろうか。その床の中にもぎぐりこんだのが、おそらく、夜中〔よなか〕の二時か三時頃〔ごろ〕あろうから、目をさましたのは、朝の六時か七時頃あるから、四時間ほど眠ったのであろう。
 め目をさまして、地下室の便所にはいった時、ふと、窓ガラスをすかして、見ると、すぐ目の下に(といって、斜〔なな〕めに二間〔けん〕ほど下〔した〕の方〔ほう〕を)加茂川の水が、(正〔ただ〕しくいうと、琵琶湖疏水の水が、)冷たい色をして、はげしい勢〔いきお〕いで、ながれている。
 しかしその時は、まだ夜あけ前であったが、もう一度蒲団にもぐって、そのつぎに便所にはいった時は、疏水のむこうに、ひろい水のない、ほとんど砂石ばかりの、加茂川の川原〔かわら〕が、眺められた。そうして、それらの風景は、まったく、さむざむとした、冬景色であった。

« 鈴木しづ子 三十三歳 『樹海』昭和二十七(一九五二)年十二月号しづ子詐称投句全掲載句 | トップページ | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」(5) »