フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 蝦蟇の怪の事 附怪をなす蝦蟇は別種成事 | トップページ | 鎌倉攬勝考 卷之一 鎌倉中被定置町屋の名 »

2012/05/14

国立劇場文楽公演 八陣守護城 契情倭荘子

昨日、国立劇場文楽公演「八陣守護城(はちじんしゅごのほんじょ​う)」と「契情倭荘子(けいせいやまとぞうし)」を観た。

前者は国立劇場では実に三十二年振りの上演、更に公演二日目とい​うこともあってか、いろいろ気になるところはあった。前半、人形遣​の動きが全体に鈍く、太夫の台詞を誰が喋っているのかが伝わり難​かったり、最も大力の力(りき)みの合わせが大事な漁師灘右衛門​(実は軍師児島政次=後藤又兵衛)の左手が主遣いとうまく合わな​かったり、果てはエンディングの壮大な書割の城壁が傾いでしまい​、あわや「落城」しかけたりというトンデモ・ハプニングがあったりもしたが、しかし、​いつもながらの玉女の正清(=加藤清正)の重厚にして堅実で禁欲的な遣い、「浪花入​江の段」の、『すわ! こりゃ、タイタニックか?』と思わせる大船の大回転―​―而して何より、前段最後の悪漢北条時政(=徳川家康)の絶対​悪の生理的不快感を象徴する哄笑を受けて、毒を盛られたことを知​って衝撃を受けながらも、それをぐっと含んで舟唄を所望、船首に立​って正清が美事に時政に対峙する絶対善の倍音の哄笑で応ずるのが​、作品の大きな情感の額縁となって圧巻であった。また本作(とい​うより本公演のような四段目と八段目のカップリングという上演方法)は、正清の嫡男主​計之介(かずえのすけ)と雛絹(ひなぎぬ)の清廉にして悲恋の物​語であり、一度としてひしと抱き合うこともなく、愛し合いながら別れわかれとなり、悲嘆に暮れ​て雛絹は喉を突きながら、正清が掲げた「南無妙法蓮華経」の御旗の下に​二人の名が記されているのを見るや、潔く成仏して死出の旅路を辿るという、その​悲しくも美しい姿に収斂される。最後の天主閣の正清は、その悲愴な死を​予感させながら、不思議に爽やかな大団円を感じさせるのは、実は​正清が見上げる登場人物と観客とが一体となって崇めるところの――武神加藤​清正=武辺物のデウス・エクス・マキナに他ならないからである――​と僕には思えたのである。
美しくエロティックな「契情倭荘子」は、エントロピーが極限値ま​で跳ね上がる奇体な物狂おしい、そして若い人形遣にしか出来ない​不思議なホラー舞踏と映った。何より助国の「源太」の頭が、ここ​では妙にぽてぽてしてマジ、キモ可愛いのである。

« 耳嚢 巻之四 蝦蟇の怪の事 附怪をなす蝦蟇は別種成事 | トップページ | 鎌倉攬勝考 卷之一 鎌倉中被定置町屋の名 »