フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ヤドカリの深内部の甘さとは何だろう? | トップページ | 耳嚢 巻之四 雷鶴をうちし事 »

2012/06/07

egmont 様 深謝とお詫び 藪野直史

拝啓。egmont 様。

今朝、小生の注記の誤りを御指摘頂き、誠にありがとう御座いました。御指摘の注は「江南游記」ではなく、「雜信一束」の小生の「大別山」の注記とその後の「月湖」のものと存じますが、旧称大別山、現在名亀山の詳細な位置とロケーションをお教え頂き、誠にありがとう御座いました。早速に訂正させて頂きましたが、知ったような顔をして訂するのもお恥ずかしく、誤りは取り消し線で残し、失礼乍ら、貴方のハンドル・ネームegmont 様を掲げさせて頂いた上、頂戴したメールの御指摘箇所をそのまま、転載させて戴き、深謝を評させて頂きました。

「雜信一束」 (「三 黄鶴樓」及び「四 古琴臺」の注)

実は、先程、アップ・ロード後、直ぐに egmont 様 へ御礼の御返事を致すつもりで、メールボックス内を操作しておりましたところ――全くの言い訳ですが、本日は早朝より小生のプロバイダーであるニフティが接続不具合でなかなか開けず、多量の受信メールが溜まっておりましたため整理をしているうちに――誤って貴方のメールを削除してしまいました。保存していなかったため、御返事が出来なくなってしまいました。誠に失礼致しました。本ブログを御覧になって戴けることを心より願って、ここに直接の御礼が出来ませんことのお詫びと、御指摘の御親切に再度、心より感謝致します。
誠にありがとう御座いました。
この愚かなる仕儀に呆れられておるとは存じますが、今後とも、また何か御座いました折には、よろしく御鞭撻の程、お願い申し上げます。

      藪野 直史

« ヤドカリの深内部の甘さとは何だろう? | トップページ | 耳嚢 巻之四 雷鶴をうちし事 »