フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 番町にて奇物に逢ふ事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 小兒産湯を引く事 »

2012/06/05

芥川龍之介「凶」の大正十三年の首吊の両足の出来事を八月五日に同定せる語

 大正十三年の夏、僕は室生犀星と輕井澤の小こみちを歩いてゐた。山砂(やまずな)もしつとりと濕氣を含んだ、如何にももの靜かな夕暮だつた。僕は室生と話ながら、ふと僕等の頭の上を眺ながめた。頭の上には澄み渡つた空に黑ぐろとアカシヤが枝を張つてゐた。のみならずその又枝の間に人の脚が二本ぶら下つてゐた。僕は「あつ」と言つて走り出した。室生も亦僕のあとから「どうした? どうした?」と言つて追ひかけて來た。僕はちよつと羞しかつたから、何とか言つて護摩化してしまつた。

芥川龍之介「凶」より)

今日読んだ、講談社文芸文庫の室生犀星「深夜の人|結婚者の手記」(2012年2月刊)の「日記」大正十三年八月五日より。

五日 七十五度
晩、マンペイホテルへ茶をのみに行く。途中芥川君木の茂みに怕がる。予が何か突然言いしとき也。驚きしにあらず怕かりしなりと頻りにそれを言う。驚くと怕がることの区別を混同することを繰り帰して言えり。
松村みね子さん見ゆ。三人で予の室で話をする。いつか二人で晩食に呼ぼうよと芥川君言う。
 堀君帰京、

« 耳嚢 巻之四 番町にて奇物に逢ふ事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 小兒産湯を引く事 »