フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 八尺瓊の曲珠の事 | トップページ | 福島第一原発4号機問題 教え子の感想 »

2012/07/10

福島第一原発4号機問題 村田光平氏 (藪野直史採録)

福島第一原発4号機問題:村田光平さん(元駐スイス大使)NO NUKES動画より

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RNngWA5c-kM

(採録・藪野直史)

今、世界を脅かしている大問題があります。
それは福島第一原発内にある4号機問題です。

原発事故で、この、建屋が、水素爆発によって大変傷んでおり、しかも地盤に不同沈下があって、倒壊する危険があるとみられている。――
その燃料プールですが、そこに、何と、1,535本の使用済み燃料が存在します。――

もし……この4号機が倒壊して、そして最悪の事態、即ち、メルトダウンが起きて、そして、大気中で火災が起きると――これはまだ人類が経験したことが無いわけですが――そうしますと、もう現場には近寄れなくなります。――

4号機のみならず、1号機、それから6号機、全部がメルトダウンを起こして、この、火災を起こすと……

……今、第一原発に燃料集合体の総数は14,225本あります。――

これはまさに日本のみならず、世界の究極の破壊に繋がるということは確実と、科学者は、多くの科学者は、見ております。――

しかし問題は――こういう状態にあるのに――その危機感が存在しないのです。――

福島事故を、なるべく極小化する、と――そういう試みがある――という風に見られております。――

東京電力は、この補強工事をやって、6強、震度6強まで大丈夫だと言っているわけです。――

しかし、この点については、重大な、あの、疑問が残る訳です。――
それは何かと言えば、菅総理の元政策秘書が明らかにしたところによれば、
「80cmの不同沈下が発生している。」
ということが、判明しているわけです。――

その地盤に欠陥があるという事でありますので、果たして――震度6強まで持つのか?――ということについて、疑問が残る訳です。――

しかも、アメリカには――福島と同じ欠陥型の、あの、原発が31基あるんだそうです。――ですから、この事故を騒がれると非常に都合、悪いんですね。――

ですから今の4号機問題をトーン・ダウンする動きの背景に、アメリカの……あれも、あるようですね。――

今、わたくしは、
「これは世界の安全保障問題である。」
という訴えを内外に発信しておりました。――

ワイデン上院議員が最近、藤崎駐米大使に、
「日本は、早く事態の収拾を急ぐために、国際協力を要請して、世界の英知を集めて、中立の評価委員会を作って、この事態の収拾に当たって欲しい。」
という要望を出しました。――

そういう中で、なかなか日本側が、このいろいろな事情がありまして――この事態の収拾に、最大限の対応をして、ない――という現実に対しまして、今、世界が動き出した、というのが、現状です。――

« 耳嚢 巻之四 八尺瓊の曲珠の事 | トップページ | 福島第一原発4号機問題 教え子の感想 »