フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉攬勝考卷之三 始動 | トップページ | 芥川龍之介「上海游記」の「東和洋行」についての新事実 »

2012/07/14

鎌倉攬勝考卷之三 鶴岡八幡宮並若宮神事行列之次第

太字箇所が不詳部分。よろしく御教授方、お願い申し上げる。

  鶴岡八幡宮並若宮神事行列之次第

麻上下着用兩人左右に立。〔極楽寺村長吏貮人勤之。〕
鐵棒兩人 〔極楽寺の長吏貮人左右に立、鐵棒を曳。〕
獅子二頭左右に列す。〔孫藤次下知之。〕
孫藤次〔素袍熨斗目著用。〕
大貫〔大太刀帶之。〕
面掛拾人〔二行。〕
大長刀
大鉾
幟二本
弓持
干珠・滿珠
御幣〔大麻袋。〕
錦幡
御錫杖
御鉾〔四月四本。八月三本。神人二行。〕
御幣〔四月四本 八月三本。〕下社家〔二行。〕勤之
職掌
他所より出勤之社人
八乙女
伶人〔二行。〕
御衣箱〔神人持之。〕
御手箱〔神人酒間大夫役之。〕
御杖〔神人小大夫役之。〕
御箭〔神人仁王大夫役之。〕
御弓〔神人石川掃部役之。〕
御硯筐〔小別當。〕
御剱〔神主。〕
法螺〔承仕二人二行役之。〕
鐃〔松源寺花光院。二行。〕
合鉢〔二行。甲衆の内役之。〕
甲衆〔十二院。〕
衲衆〔此内御殿司職兩人、御鍵持兒一人宛相隨、一﨟灑水持兒一人相隨。〕
神輿〔四月四社。八月三社。〕
御經師
御大工〔兩人二行。〕
御沓持〔四月四人。八月三人。各二行。〕
御傘〔四月四本。八月三本。各二行。〕
御鑓十本〔差添警固十人二行。〕
神輿臺持〔白張着二行。〕
相州御代官所より、御神事警固役人出勤、但四月・八月兩度下役人召連、御神事道筋差添警衞し、鎌倉十四箇村名主共麻上下着用、夫勤之者召連出勤、神輿に付添警固、神輿舁其外夫役之者え下知をなせり。
[やぶちゃん注:以下は、の一文は底本では全体が一字下げ。]
新警固十人羽織着用、御神輿御幸筋警固、但右夫役之儀は雪ノ下村より出せり。
[やぶちゃん注:本項は出所が明らかでない。「鶴岡八幡宮社務職次第」か? 識者の御教授を乞う。
「孫藤次」水沢優雅氏の「樹陰読書」の「幸若舞と権力者」のページに幸若舞の芸能者として相模平塚の鶴若孫藤次を挙げ、『恐らく偽文書と思われる頼朝と梶原景時の花押のある判物を持ち、鶴岡八幡宮所属の舞々で相模八郡の舞々の元締め。永享五年(一四三三)足利持氏の花押を持つ判物を持ち権力者に接近したようで』あると記す(西暦のアラビア数字を漢数字に代えた。文中の「舞々」は「まいまい」と読み、「曲舞くせまい」とともに幸若舞の本来の呼称。幸若とはその有力流派の家系名を冠した新称)。この人物若しくはその芸名を名乗った後継者か。
「素袍」は「すはう(すおう)」と読み、「素襖」とも書く(こう書いた場合の歴史的仮名遣は「すあを」)あお(両方の脇をあけたままで、縫い合わせずにらん(捌きをよくするための裾にあたる部分に附した横幅のきれ地)のない古代の上着)の系統から生み出された衣服の一種。直垂ひたたれ大紋だいもんのルーツと考えられている。支配者層の変化により、庶民の平服であったものが武士の常服となり、江戸期には下級武士の礼服ともなった。本来、麻のひとえで、胸紐・菊綴きくとじ(縫い合わせた箇所に附けられたふさ飾り)には革を用いる。袴は共布ともぎれ(同じ布地素材のこと)で腰紐も共布を使う。通常は半袴を用い、礼装の際は長袴を用いた。
「熨斗目」は「のしめ」と読む。練貫ねりぬき(縦糸に生糸、横糸に練り糸を用いた平織りの絹織物)の平織り地(縦糸と横糸を交互に浮き沈みさせて織る最もシンプルな織りの布地)。または、これで仕立てた腰替わり(腰の部分を染めずに白く残してあるもの若しくはその部分の色や模様を変えたもの)の小袖。腰のあたりに筋や格子を織り出したものを主に指し、江戸時代、武士が礼装の大紋や麻裃あさがみしもの下に着用した。現在は宮参りや七五三の男児の祝い着として見ることが出来る。
「面掛拾人」これは京都石清水八幡宮に倣ったものであろう。また、これらは現在の坂ノ下にある御霊神社の九月十八日の例祭に行われる面掛行列(はらみっと行列)に用いられる面である。現在の面掛行列の先頭の天狗と次の獅子頭(二面)を除く、その後の行列の面は丁度、十面である。
「神人」は「じにん」「じんにん」と読み、神社において社の主家に仕えて神事・社務の補助や雑役に当たった下級神職のこと。以下、それぞれ個別の品物の供奉役に「酒間大夫」「小大夫」「仁王大夫」「石川掃部」とあるのは、神人の中でも有力な一族が複数生まれ、それぞれの供奉役がその神人の家系に継承されたことを意味しているように思われる。実際、実務集団としての神人は想像を絶する資力や強い実権を握るようになるのである。
「鐃」「どら」と読む。銅鑼どら
「合鉢」不詳。識者の御教授を乞う。
「甲衆」恐らく「こうしゅう」と読むが、意味が分からない。現在の法隆寺の聖霊会にも「紫甲衆」「慮甲衆」「青甲衆」という僧列が続くことがネット上からは分かるが、「甲」の意味が不明である。僧帽の一種であろうか? それとも「かぶと」の意で、警護護持をシンボライズした僧兵の謂いか? 識者の御教授を乞う。
「衲衆」「なふしゆ(のうしゅ)」法会などで、袈裟を着け、金剛杵こんごうしょを持した役の僧達。
「灑水」「しやすい(しゃすい)」と読み、本来は水を注ぐの意であるが、密教に於いて加持した煩悩や垢穢くえを除くための清めの香水こうずいを言う。
「一﨟」鶴岡八幡宮寺の最長老の謂いであろう。
「御經師」鶴岡八幡宮寺で経典等の書写に従事した職員であろう。
「鎌倉十四箇村」「鎌倉攬勝考卷之一」の「鎌倉總説」の「村名」に条には十四の村が挙げられている。参照されたい。]

« 鎌倉攬勝考卷之三 始動 | トップページ | 芥川龍之介「上海游記」の「東和洋行」についての新事実 »