フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 賊心の子を知る親の事 | トップページ | 教え子による芥川龍之介「上海游記」追跡 »

2012/07/01

腕にオオグソクムシが共生する夢

一昨日の夢――僕の左腕に大きなオオグソクムシが張り付いて腕と一体となっている――僕は彼(オオグソクムシ君)と何か親しげに相談をしている……

節足動物門甲殻亜門軟甲綱等脚目コツブムシ亜目スナホリムシ科オオグソクムシ Bathynomus doederleinii (Okada and Kuwasawa, 1995)

Bathynomus_doederleini
(以下、ウィキの「オオグソクムシ」より引用)

日本の本州中部以南の水深150-600メートルほどの深海底や、大陸棚に分布している。
ダンゴムシやフナムシの仲間である等脚類の中では、本種は日本最大種であり、体長が10-15センチメートルにも達する。体が大きいぶん、等脚類の特徴である第一触角も判別できるほど大きい。腹部末端の遊泳肢を動かし、体を仰向けにし、上下にくねらせるようにして泳ぐ。口から悪臭を出して、身を守ると言われている。
その姿が面白く、最近は本種を飼育している水族館も増えてきている。
本種は雑食性で、水中の有機物なら何でも食べ、魚の死体や弱った小動物やヒトデなどを食べる。非常に貪欲で、網にかかった魚を食い荒らすことがあるので、漁師からは嫌われているものの、海中生物の死体を掃除してくれる役割も強く、他の動物達の餌にもなっているという側面もある。



しかし、この夢……
どう見たって、先週見て、アパルトヘイトの隠喩とウエットな饐えた博物学的民俗学的要素が如何にも素敵に衝撃的で面白かった「第9地区」のパクリじゃないか!……
僕の夢もここまで「剽窃」するようになったんじゃ……
そろそろ種切れたらしいぜ……

« 耳嚢 巻之四 賊心の子を知る親の事 | トップページ | 教え子による芥川龍之介「上海游記」追跡 »