フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 淸乾隆帝大志の事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 慈悲心鳥の事 »

2012/07/23

生物學講話 丘淺次郎 五 生血を吸ふもの~(2)/了

Arimaki

[ありまき]

 動物の中には植物の液汁を吸つて生活するものがあるが、植物の液汁はやはり滋養分を體内に循環させるもので、恰も動物の血液に相當する。それ故、これを吸ふ動物の口の構造は血を吸ふ動物の口と同じやうで、細長い管狀になつて居るものが多い。「ばら」や菊の若芽に集まる「ありまき」、稻田に大害を與へる「うんか」の類はその例であるが、かやうな昆蟲の種類は頗る多くて、陸上の植物には蟲に液汁を吸はれぬものが殆ど一種もない位である。植物は季節に應じて盛んに繁茂し、且固定して動かぬもの故、その液汁を吸ふ蟲は實に十分な滋養分を控へ、恰も無盡藏の食料を貯へた如くで生活は極めて安樂らしく見えるが、これまた決してさやうなわけでない。なぜといふに、滋養分が十分にあれば繁殖も盛になるのが動物の常で、「ありまき」でも「うんか」でも、忽ちの中に非常に殖えるが、數が多くなると生活が直に困難になる。一匹づつでは植物に著しい害を與へぬ小蟲でも、多數になれば液汁を吸はれる植物は枯れてしまふが、植物が枯れれば液汁の供給が絶えるから昆蟲も生存が出來なくなる。またかやうな昆蟲が殖えれば、これを餌として居る動物も同じく殖えて、ややもすればこれを食ひ盡くさうとする傾が生ずる。なほその他にも種々のことが生ずるために、植物の液汁は無盡藏の如くに見えながら、これを吸ふ蟲は決して無限に繁殖し跋扈することを許されぬ。

[やぶちゃん注:「ありまき」アリマキ(蟻牧)で昆虫綱有翅亜綱半翅(カメムシ)目腹吻亜目アブラムシ上科のアブラムシ科 Aphididae・カサアブラムシ科 Adelgidae・ネアブラムシ科 Phylloxeridae に属するアブラムシ類の別称。アリとの共生関係の観察から、古くよりかく呼称された。子供らと話していると、彼らを何かの昆虫の幼虫と勘違いしている者が多いので注することとする。また、ウィキの「アリマキ」によれば、体内(細胞内)に真正細菌プロテオバクテリア門γプロテオバクテリア綱エンテロバクター目腸内細菌科ブフネラ Buchnera 属の大腸菌近縁の細菌を共生させていることが知られ、ブフネラはアブラムシにとって必要な栄養分を合成する代わりに、『アブラムシはブフネラの生育のために特化した細胞を提供しており、ブフネラは親から子へと受け継がれる。ブフネラはアブラムシの体外では生存できず、アブラムシもブフネラ無しでは生存不可能である』とあり、更に二〇〇九年には『理化学研究所の研究によりブフネラとは別の細菌から遺伝子を獲得し、その遺伝子を利用しブフネラを制御している』という恐るべきメカニズムが判明している。是非、以下の理化学研究所の「アブラムシは別の細菌から獲得した遺伝子で共生細菌を制御という理研ニュース 二〇〇九月号記事をお読みになられることをお奨めする。

「うんか」「雲霞」「浮塵子」などと漢字表記する。昆虫綱半翅(カメムシ)目ヨコバイ亜目 Homoptera に属する、セミ類以外でその成虫の体長が凡そ五ミリメートル内外のウンカ・アブラムシ・キジラミ・カイガラムシなどの跳躍性若しくは飛翔性を備えた昆虫群を指す特殊な総称である。中でもイネの害虫として知られるのはウンカ科セジロウンカ Sogatella furcifera・トビイロウンカ Nilaparvata lugens・ヒメトビウンカ Laodelphax striatella などであるが、「ウンカ」という標準和名を持つ種は存在しない。昔、山岳部の子らと話した折り、ウンカが人を刺すことを知らない者が多かったので注することとする。勿論、吸血するのではないが、彼らは樹液吸収の反射的行動をしばしば人の皮膚上でも行う。口針挿入時には彼らの唾液も注入され、それが人によってはアレルギーを起こし、激しい痒みだけではなく、刺傷は人によって黒い痣状となり、一年以上残る場合がある。昔、丹沢に一緒に登って無数に刺された女子生徒の、半年たっても消えぬその傷ましき腕を、私は忘れられないのである。緑色を帯びた昆虫はあまり刺すというイメージがないが、それが落とし穴で、侮ると酷い目に遇うこと請け合いである。

「植物は季節に應じて盛んに繁茂し、且固定して動かぬもの故、その液汁を吸ふ蟲は實に十分な滋養分を控へ、恰も無盡藏の食料を貯へた如くで生活は極めて安樂らしく見えるが、これまた決してさやうなわけでない」以下は、私がしばしば現代文の授業で述べた、日高敏隆先生の『繁栄めいた危機』、繁栄めいた滅亡のシナリオである。――それは――ヒトに於いても全く原理は変わらないということにヒトは愚かにも気づいていない――いや、気づいていながら自分たちだけは例外だ――と愚かにも思い込んでいる哀れな「種」である――]

« 耳嚢 巻之四 淸乾隆帝大志の事 | トップページ | 耳嚢 巻之四 慈悲心鳥の事 »