フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「一枚殘りし高麗皿」八句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之四 浄智寺 »

2012/08/29

グーグル画像検索の妙味

先日気づいたのだが、グーグルの画像検索で僕の「藪野直史」で検索を掛けると(考えてみれば当たり前のことなんだが)、僕がブログにアップした画像が一ページで閲覧出来る。先程、やって見たが、440枚で、その内、僕と全く無関係なもの(多いのは「直史」という名前の方のもの)は二十枚もない。7年もブログを書いていると、どこにどんな画像を使ったか忘れていて、たまに調べるのにいちいちバックナンバーを閲覧したりしていたのが、これだと一発必中だ。おまけに、嬉しいことに直接画像のリンクの場合は、そのリンク先の画像も表示して呉れるので、それこそ忘却の彼方のリンク画像を見つけて、新鮮な気がしたりもした。皆さんも、やって御覧なさい。面白い。ただ、僕の場合は付会画像は一枚もなかったが、試しに何人かの知人のフル・ネーム検索をしてみたところが、古い教え子の女生徒の名前でやってみた瞬間――彼女の名前の一部が、その、『その手の女優』と似ているらしく――見るもおぞましいアダルト画像が、ナフタリンの鼻を撲つ昆虫標本の如く――ズラリと並んだのには閉口した。……彼女がもし、自分の名を検索したら、と考えると……これは慄っとしない――というか――絶望的に哀しくなる気がする。……女性や未成年の方は、あなたの名前によっては、セーフ・サーチを「中」や「強」にするのをお忘れなく。

« 「一枚殘りし高麗皿」八句 畑耕一 | トップページ | 鎌倉攬勝考卷之四 浄智寺 »