フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之四 怪病の事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 吸著の必要~(1) »

2012/08/08

2012年8月過去3か月 検索ワード/フレーズ解析

検索ワード/フレーズ 上位12

解析対象期間: 2012年5月1日(火) ~ 2012年8月7日(火)

集計対象アクセス数 6893

1 契情倭荘子   88 1.3%
2 オオグソクムシ 74 1.1%
3 加藤郁乎     64 0.9%
4 檸檬 梶井基次郎 テスト
                           56 0.8%
5 bnp値             50 0.8%
6 橈骨遠位端骨折 合併症
               46 0.7%
7 筋萎縮性側索硬化症 ブログ
               42 0.6%
8 夏休み 自由研究 4年生
               40 0.6%
9 山本幡男         36 0.5%
10 耳袋 現代語訳
                           35 0.5%
11 自由研究 小学生 4年生
               33 0.5%
12 宮沢トシ     32 0.5%

●やぶちゃんの解析

ブンガク系
1・3・4・9・10・12

セイブツ系(私の当該記事の貝標本から8・11をそう取るが、検索者は何でもよかったに違いない)
2・8・11

ビョウキ系(僕のブログの検索で最も多いスタンダードなグループである)
5・6・7


「国立劇場文楽公演 八陣守護城 契情倭荘子」の批評記事だが、歌舞伎の同外題の検索と合わせ技で、グーグルのウェブ検索で2番目に出ちゃうからアクセスが以上に高かったに過ぎない。


想定外だが、恐らく題名「腕にオオグソクムシが共生する夢」と写真掲載がアクセスを高めたに違いない。


知る人ぞ知る現代前衛俳句の大御所だ。『岩波文庫「芥川竜之介句集」の加藤郁乎氏の解説に限りなく共感せること』で褒めちゃいるが、実のところは『岩波文庫「芥川竜之介句集」に所載せる不当に捏造された句を告発すること』で批判もしている。この後者の誤謬への主張は僕にはどうしても許し難いものであり、前者を読んでもこっちにアクセスして呉れないのは大いに不満であると言っておく。


前期中間テストの範囲だねえ。そのうち、僕の作った試験問題をアップして上げようか。でもねえ……「暗夜行路」の娼婦の乳房を握っての「豊年だ! 豊年だ!」と「檸檬」を比較する小論文問題とか……普通の国語教師の作るそれとは、似ても似つかぬ「とんでもない」問題だからねえ……僕の授業を受けてないと半分も取れない代物なんだよ……一夜漬けの諸君には、すまんが、全く役にたたんぜよ……。(梶井基次郎「檸檬」授業ノートcopyright 2006 Yabtyan


こりゃなんだな、「義母 血中BNP値 5000pg/dl」という題名見ただけで、吃驚仰天、誤記じゃないかって思わずクリックしちまうんだろうな。義母の担当医でさえ、この数値が出たときにゃ、「洒落にならない数値だ」と呟いちまったぐらいだからね……。


僕のブログの検索ワード/フレーズの永遠のチャンピオン――
……2005年7月21日……この『結果は、私の運命に非常な變化を來してゐます。もし』この病氣が『私の生活の行路を横切らなかつたならば、恐らくかういふ』私にはなつてゐ『なかつたでせう。私は手もなく、魔の通る前に立つて、其瞬間の影に一生を薄暗くされて氣が付かずにゐたのと同じ事です』……


『筋萎縮性側索硬化症の母に「これで終わりです」という医師の直接告知は妥当であったと言えるか?』はグーグルでも一年以上に亙って検索のトップ・ページに出る。これは今以って――僕にとって内心忸怩たるものを感じる出来事であり――多くのALSの患者家族の方や、何よりも、告知をせねばならない担当医に読んで貰いたい記事である。

8・11
「……小学校4年生の夏休みの自由研究……今から出そう……」このアクセスが夏休みに入る前、5月から(!)もの凄かった。けどさ……やらなきゃならないことに悩んではいけないんだよ……自分が楽しくやれる沢山のものの中から自分が面白いなって思うことをやればいいんだよ……君……


山本幡男先生、先生の完全な句集をHPで作る御約束、忘れておりません――(ブログ・カテゴリ「山本幡男」)

10
日々是更新、近々「巻之四」終了――しかしまだ半分にも満たずか……先は永いなあ……死ぬ前に完成出来るかしらん……(ブログ・カテゴリ「耳嚢」)

12
「宮澤トシについての忌々しき誤謬」は是非、多くの方に読んで頂きたい。賢治の妹トシの為に。嵐山光三郎「文人悪食」の忌まわしい誤謬の当該箇所が改稿されない限り、僕は、僕のこの記事は多くの人に読まれ続けねばならないと真剣に考えていると言っておきたい。

« 耳嚢 巻之四 怪病の事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 吸著の必要~(1) »