フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« カウントダウン実況中継 | トップページ | カウントダウン実況中継 »

2012/09/20

耳嚢 巻之五 腹病の藥の事

 腹病の藥の事

 

 腹を下し候藥を知行より來りし者進(すすめ)けるゆへ、如何なる品也(や)と尋けれ ば、鰹をこくしやうにして給(た)べれば立所に癒)いゆ)る由。田舍人の丈夫成るもの抔の事にや。いぶかしながら爰に記し置ぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:二項前の「疝氣胸を責る藥の事」の民間薬方譚と連関。

・「知行」根岸鎭衞の知行地は底本解題によれば、上野国緑野(現在の群馬県多野郡の一部)・安房国朝夷(あさい)二郡(現在の南房総市の一部及び鴨川市)の内で采地五百石とある(天明七(一七八七)年)。これはもう房総半島先端外房の後者と考えて間違いない。

・「こくしやう」「濃漿(こくしょう)」で、味噌味で濃く仕立てた汁物。特に鯉こくなど、魚類を素材としたものを言うようである。なお、「濃漿」を「こんづ(こんず)」と読む場合があるが(「濃水(こみづ)」の転訛)、これは、①米を煮た重湯(おもゆ)。②粟や糯米(もちごめ)等で醸造した酢。早酢(はやず)。③酒の異称。④ 濃い汗。大粒の汗の謂いとなり、異なるので注意。非常に塩分がきつくなり、逆に腹に優しくない感じはする。根岸もそこで引いた(訝しんだ)のであろう。

・「鰹」カツオに多量に含まれるニコチン酸とニコチン酸アミドから成るナイアシン (Niacin:ビタミンB複合体でB3とも称する。熱に強く水溶性。)は糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠で、循環系・消化系・神経系の働きを促進する働きがあり、胃腸病の薬剤として使用されている。

・「給(た)べ」は底本のルビ。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 腹下しの薬の事

 

 私が腹を下したことが御座った折り、たまたま知行所安房朝夷(あさい)から参っておった者が聴きつけ、

「……よう効きまするもの、これ、我らが里に、御座いまする。」

と勧める故、

「如何なる薬じゃ?」

と訊いたところ、

「ただ鰹を濃漿(こくしょう)にしてお召し上がりになられれば、これ、たちどころに癒えまするぞ。」……

 

 田舎人(びと)にて、元来が胃の丈夫なる者なんどならばこそ、それで効く、とでも、言うのであろうか? 訝しきことながら、一応、ここに記しおくことと致す。

« カウントダウン実況中継 | トップページ | カウントダウン実況中継 »