フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(3)フナクイムシ | トップページ | 若葉の日みじろぐ胸を走り落つ 畑耕一 »

2012/10/13

「耳嚢」訳注夢+母夢

――毎日「耳嚢」をテクスト化して訳注を加えているうちに、本未明は夢でそれをやっていた。――



……僕は「伊勢屋丸薬の事」という「耳嚢」の一節を訳注しようとしている(注:そんな条は実際の「耳嚢」に存在しない)。……「伊勢屋」という薬種屋は現在まで続いて居てそれが現在のどの製薬会社に当たるのか、私はネット検索で現存する薬メーカーのHPをマニアックに総覧している。……ところが……調べて行くうちに……ある薬品メーカーのCPに忍び込み、その極秘の丸薬の調剤方法をダウンロードすることに成功する……それを僕は小さな丸薬状のデータ・チップに保存する……

――と――そこで目が覚めた。同時に顔に違和感があって左の蟀谷(こめかみ)を触ると「小さな丸薬状の」クロットが感じられた。僕はそれを剥がした(これらは覚醒時の事実である)。さっき見たら、小さな傷がそこにはあった。――



……他にも、母が出て来る夢が前後に挟まっていた……
……前のそれは……昔の今の家の回りにすっかり雪が積もって母と小学生の僕が二人静かに風呂に浸かっている……
……後のそれは……その風呂から上がった僕は既に母がALSであることを知っていて、何とか母を助けなければ、と子供ながらに何かをしようと昔の家の中を右往左往している……
……さらにその間に……家の下水が溢れかえる映像が何度もインサート、フラッシュ・バックされ……
……それらの間に間歇的な覚醒が挟まって……



4:28に臥所に居たたまれずなって起きた。夢自体の不快さではなく、度重なる覚醒が不快であったためである。但し、それは妻の就寝やトイレに起きる物音による外的要因が作用もして、相乗効果を齎した結果である。妻は室内でもスチール製の杖を突かねば歩けない。寝室は二階にあり、妻の杖と足音は、これ、存外に深夜の静寂に大きく響くのである。

« 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(3)フナクイムシ | トップページ | 若葉の日みじろぐ胸を走り落つ 畑耕一 »