フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 鶴ヶ岡八幡宮修造遷宮 | トップページ | 北條九代記 平氏東國討手没落 »

2012/10/29

北條九代記 鎌倉新造の御館

      ○ 鎌倉新造の御館
同年十二月鶴ヶ岡の東の方大倉の郷に新御館(しんみたち)を建てらる。大庭景義同じく奉行を承る。奇麗大廈(きれいたいか)の構(かまへ)は合期(がふご)の沙汰致し難ければ、先(まづ)暫く知家事(ちけじ)兼通が山内の宅(いへ)を遷(うつし)立てたり。往初(そのかみ)正曆年中にこの宅を造りし時、安倍晴明鎭宅(ちんたく)の符をおしけるを以て、遂に囘祿の災なしとかや。同月十一日土木の功を遂げしかば、賴朝即ち渡御し給ふ。前陣は和田小太郎義盛、後陣は畠山次郎重忠なり。斯(かく)て寢殿に入り給へば、御供の諸將等(ら)十八間(けん)の侍所に二行に對座し、義盛中央に候(こう)す。凡(およそ)出仕の侍三百十一人御家人等(ら)皆思ひ思ひに家造(いへづくり)し館(たち)を構へ、命を守り、忠を勵(はげま)す、有道順理の政(まつりごと)に四方悉くその風に懷(なつ)きて、推(をし)て鎌倉殿と稱し奉る。その所は本より遠境邊鄙の事なれば、海郎(かいらう)野人の外には住人(すむひと)少かりしに、今この時に方(あた)つて大名小名多少の人集り、或は市を立て或は店(たな)を飾り、家居更に軒を轢(きし)り、賣買諸職の輩町(まち)を立て、小路を通して、山谷村里夫々(それぞれ)に號(な)を授け、絶えたるを繼ぎ、廢れるを興し、鎌倉の荒蕪を刈拂つて天下草業(さうげふ)を立て給ふ。武威の輝く事、抑(そもそも)頼朝は源家中興の英雄たり。
[やぶちゃん注:「合期」間に合うこと。
「知家事」政所の職掌の一つで、案主(あんじゅ)とともに事務を分掌した。
「知家事兼通」「吾妻鏡」治承四年十月九日の条に基づくが、そこでは「兼道」とある。この人物、不詳であるが、個人のHP「北道倶楽部」の「奈良平安期の鎌倉 頼朝の父義朝の頃」のページの「知家事(兼道)が山内の宅」に鋭い考証が載せられてある。そこでは「知家事兼」道の邸の解体された木材が、大倉まで、どのルートで運ばれたかの考証までなさっておられ、極めて興味深い。
「正曆年中」西暦九九〇年から九九五年。
「同月十一日土木の功を遂げしかば、賴朝即ち渡御し給ふ」治承四(一一八〇)年十二月十二日に移徙(わたまし)の儀が行われている(ここはその条に基づいて書かれている)。「吾妻鏡」には前日の竣工記事はないが、自然ではある。
「十八間」約三二・七メートル。
「大名」鎌倉時代のそれは、多くの名田(みょうでん:荘園や国衙領(こくがりょう)の構成単位を成した田地。開墾・購入・押領などによって取得した田地に取得者の名を冠して呼んだ。)を所有した大名主(だいみょうしゅ)で、家の子・郎等を従えた有力な武士。
「小名」大名主に比して、有意に規模の小さい名田しか領していない武士。]

« 北條九代記 鶴ヶ岡八幡宮修造遷宮 | トップページ | 北條九代記 平氏東國討手没落 »