フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 遺伝子診断夢 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(6) »

2012/10/18

やぶちゃん主演SFドラマ夢

本未明に見た頗る楽しかった第二話の夢。

僕は深宇宙開拓の先遣基地である惑星ビュフォンの図書館司書として勤務している(実際に、僕は図書館司書の資格も有している。前夜、僕はビュフォンの博物誌を読んでいた)。

基地の同僚は――皆――何かを隠している……(日本人は私だけだが、夢は嬉しいことに、分かり易い罵倒の台詞なんぞは英語のままで、大事な部分はちゃんと日本語にふき替えてあったよ)

観測用無人ロケット(と聞かされているもの)が自動帰還するが、たまたまそこに居たのは僕だけであった(このシーンはタルコフスキイの「惑星ソラリス」のロケットの発射ブースに似ていた)。
ハッチが開くと、人一人が通れる筒状の通路の奥に妙に沢山の人の気配がした。……

自動接続された基地のコンピュータにロケットからデータ転送がなされるが、その空中ディスプレイに表示されたのは多量の画像で、それも――何故か、少年や少女の、遊園地のジェット・コースターやヨットやクライミングをして遊んでいる無数のマルチ画像(動画らしい)であった。……

最後に極秘扱いのスタンプが押されたデータが表示されるが、そのコンテンツには“New gene ?”“old gene ?”という選択肢や、“Disposal”“Hold”とか“Survivor”という文字が見えた。……

と、そこに防護服に身を固めた(因みに僕は三つ揃えの地味な茶のスーツを着ている)同僚らがやって来て、先頭のシガニー・ウィーバーみたような姐さんが、
「――あとは任せなさい。」
と言って僕を室から出るように促した。……

僕は図書室に戻るが(この図書室はやはり「惑星ソラリス」のそれを数十倍にした感じのレトロで重厚なものであった)、そこで本を読んでいる二人の非番の隊員たちが、何故か、意味深長な目つきをしているのに気づく。
僕は、
『あの中にいる「子ども」たちは――一体なんだ?」
と単刀直入に訊くのだが、彼等はカフカの「審判」よろしく、
「――君は何だと思う?」
「――それは微妙な問題なんだ。」
「――謎は謎のままだからこそ謎として美しい……」
といった訳の分からないことを笑みを浮かべて呟くばかり。
中の一人(基地の警備係という設定らしい)が、掌のバーチャル・ディスプレイを掲げて、
{――御覧よ、やっこさん、あんたのこと、相当イカってるゼ。」
と言う。確かにそこには、さっきのブースで僕の上司が僕を名指しで罵倒している監視カメラの生映像が映し出されていた。
彼はそのまま図書室を出て行くが、出しなに入口のガラス・ボードに何かを書いて行った。
見てみると、何か無意味なアルファベットと数字とアインシュタインをカリカチャラズした戯画が記されている(これらの文字列は覚醒した時は一部覚えていたのだが残念なことに失念した。すぐに書き取っておくべきだった)。
もう一人(彼は僕が最も親しくして心許している友人と言う設定らしい)が寄って来て、
「こりゃ……警告のアナグラムだな……」
と呟いて出て行こうとする(これはもう「ダヴィンチ・コード」の影響だな)が、振りかえって、
「今日、これから○○谷(この地名も失念)へ行くけど、一緒に行かないか?」
と声をかけてくる。……

――青い水面から硫黄臭いガスを激しく吹き出している〇〇谷(この星の大気は地球と等しいらしく、僕と彼は普通のトレッキング・スタイルである)

――その噴煙の中から、突如出現する、小さな、「少年」の顔をした(顔だけが美少年)、おぞましいビースト!*
(*四肢はチュパカブラ風であったが、これは恐らく僕の好きな漫画家諸星大二郎の作品に登場するに相応しいモンスターであった)
――私に飛びつくビースト!
――僕を水底に引き込もうとするビースト!
――それを笑いながら見ている友人の彼……(仰角のクロース・アップでフェイド・アウト)……

注:これで最後に“To be continued”と字幕が出れば完璧だった。流石に出なかったが、今朝、目が覚めた時は「続き! 見たい!」と思ったことは言うまでもない。なんてったって僕が主演なんだからネェ……。

« 遺伝子診断夢 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 (二)隠れること~(6) »