フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 我が家の長男と四女 | トップページ | 耳嚢 巻之五 貴賤子を思ふ深情の事 »

2012/11/23

一言芳談 十八

   十八

 

又云、居所(きよしよ)の心にかなはぬはよき事なり。此処にかなひたらんには、われらがごとく不覺人(ふかくじん)は、一定執着(いちぢやうしふぢやく)しつとおぼえ候なり。

 

〇一定、さだめて執着(しふぢやく)すべし。

 

[やぶちゃん注:岩波版では最後が「一定執(いちぢやうしふ)しつとおぼえ候なり。」となっている。『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』及び国立国会図書館デジタル・ライブラリー版の同慶安元年林甚右衛門版行版現物画像によって訂した。

「不覺人」覚悟のできていない人。不心得者。ここでは、仏法の「覺」(悟り)に対する「不覺」であるから凡夫の意味でよい。「ふかくにん」とも読むが、『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』は「じ」、国立国会図書館デジタル・ライブラリー版の国立国会図書館デジタル・ライブラリー版の同慶安元年林甚右衛門版行版現物画像の草書崩し字はどうみても「し」で「に」ではない。――さてもこの章は訳したい。

〇やぶちゃんの現代語訳

 また、明禅法印はこうも云われた。

「……住んでいるところに満足しないことはよいことである。「住んでいるところに満足している」と思ってしまうと、我々のような凡夫の場合は、そこ――「満足している住んでいるところ」――即ち――現世――に必ずや、逆に執着してしまうに違いない、と思われるからで御座る。……」

これは一種の鮮やかなパラドックスである。住むことに住居に満足しないというのは住居への執着のように見え乍ら、そのじつ「住居」はその外縁を大きく広げて「現世」を住居と見る時、それは執着を捨てるという無限遠に広がるのである。]

« 我が家の長男と四女 | トップページ | 耳嚢 巻之五 貴賤子を思ふ深情の事 »