フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 短日の時計とまりて部屋ひろし 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 增上寺僧正和歌の事 »

2012/11/22

一言芳談 十七

   十七

 

 明禪法印云、ひじりはわろきがよきなり。

 

〇わろきがよきなり、よき名をうればさはり多し。萬は無能なりとも、まことだにあらば往生はすべきなり。

 

[やぶちゃん注:そもそも末法が始まっているならば、この世には教のみが存在して行も信も在り得ない。末法記」に従うなら、そのような行も信もない破戒僧、姿だけが僧であるものだけが世に満ち満ちているはずである。だとすれば、私に言わせればそのような世界で「よき名をう」る僧とは即ち悪僧の最たるものであろう。そんな宗教人面をした有象無象は現代にこそ満ち満ちているではないか(残念なことに末法記」はそのような僧尼でも敬えと言うのだが……。リンク先は私のテクスト、現代語訳もある)。「萬は無能なりとも、まことだにあ」る僧の方がまだましである、と私は今、現代の宗教界を見ても、激しく、そう、思うのである。これを読んだ私の教え子は、『僧に限らず、人というのは「わろき」が当然。しかし同時に、「まこと」を持ち合わせていない人などひとりもいないのではないか、と思います。逆に言えば、「平生はみんな善人なんです、少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざといふ間際に、急に惡人に變るんだから恐ろしいのです。だから油斷が出來ない」のだと信じます。』という消息を呉れた。引用の言葉は無論、「こゝろ」先生の言葉。謂い得て妙とは、これをいうのである。]

« 短日の時計とまりて部屋ひろし 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 增上寺僧正和歌の事 »