フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« カテゴリ「一言芳談」始動/ 一 | トップページ | 北條九代記 勝長壽院造立 »

2012/11/08

生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 三 防ぐこと~(3)

 次に全身甲で被はれて居るので有名な動物は龜類である。普通の石龜でも甲は隨分堅いから頭・尾と四足とを縮めて居れば、犬に嚙ませても平氣で居るが、琉球八重山島に棲む箱龜は、腹面の甲が蝶番ひの如き仕掛けで中央で曲折するから、頭、尾を縮めた處をも全く閉ざして少しも空隙を殘さぬ。熱帶地方の島に産する大形の龜になると、甲もその割に厚く力も強いから、大人が靴のまゝ乘つても苦もなく匐ひ歩く。但し兎と龜との寓話にもある通り、龜の歩みは頗る遲いが、これは甲を以て敵を防ぐことが出來るので、急いで逃げ去る必要がないからである。誰よりも重い鎧を著て、誰よりも速く走らうといふのは無理な註文で、何事でも一方で勝たうとするには、他の方で劣ることを覺悟しなければならぬ。昆蟲類の中でも皮の薄い「とんぼ」は飛ぶことが速いが、厚い鎧を著た「かぶとむし」は運動が緩慢である。

 


Garapagosuzougame

[陸上に棲む大龜]

 

[やぶちゃん注:「石龜」この丘先生の謂いは本邦固有種である爬虫綱カメ目潜頸亜目リクガメ上科イシガメ科イシガメ属ニホンイシガメ Mauremys japonica を指していると考えてよい。別名イシガメ、幼体をゼニガメと呼び、我々が最も見慣れているカメである。

「箱龜」イシガメ科ハコガメ属セマルハコガメの日本固有種である亜種ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae。一九七二年に国天然記念物指定されている。

「熱帶地方の島に産する大形の龜」挿絵を見れば一目瞭然、これはリクガメ科 Geochelone(リクガメ)属Chelonoides 亜属ガラパゴスゾウガメ Geochelone nigra のことを指していると考えてよい。]

« カテゴリ「一言芳談」始動/ 一 | トップページ | 北條九代記 勝長壽院造立 »