フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 除夜の空わが靴音にわがありく 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 蜻蛉をとらゆるに不動呪の事 »

2012/11/27

一言芳談 二十二

   二十二

 

 明禪法印云、しやせまし、せでやあらましとおぼゆるほどのことは、大抵(おほむね)、せぬがよきなり。

 

〇しやせまし、せでやあらまし、なすべきかなやむべきかなり。兼好の詞(ことば)に、あらためて益なき事はらためざるをよしとすとありし、おなじ心なり。

 

[やぶちゃん注:冒頭注で示した通り、卜部兼好は「徒然草」第九十八段に、

尊きひじりの言ひ置きける事を書きつけて、一言芳談とかや名づけたる草子を見はべりしに、心にあひて覺おぼえしことども。

として、五条を引用、その冒頭に本条を、

 一、 しやせまし、せずやあらましと思ふ事は、おほやう、せぬはよきなり。

として引用している(本作での順列上も筆頭になる)。曹景惠氏の「徒然草における『一言芳談』の受容について」(岡山大学大学院文化科学研究科紀要十九巻一号 二〇〇五年三月発行)によれば、原文と「徒然草」掲載のものとを比較した『稲田利徳氏は「第一条で、原文の、「おぼゆるほどの事」を「思ふこと」とするのは、現実の生活次元の問題にとらえてしまっている。原文の「しようかしまいかと迷う程度のことは」と、迷う対象の価値を問題にしているのとはずれる」と説かれている。「しようかしまいかと思うことはだいたいはしない方がよい」、というこの第一条は一見、消極的な生き方を勧めているかのようでもあるが、桑原博史氏は「しようかと思っている事柄は、多く人間の欲望心から生ずるものであり、「迷いの常体を脱するように心の欲望のままには行動しないこと」こそがこのこと言葉の意味するところであると解釈されている』。『稿者の理解はこの桑原氏の見解に近いが、さらに連れずれ草百二十七段の「改て益なきことは、改ぬを力とするなり」という文言や第百十段の「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。(中略)一目なりとも遅く負くべき手に就くべし」という叙述と、九十八段第一条の趣旨との間によく通い合うところがあることに留意して置きたい』とある。第百十段は兼好が双六の上手にその必勝法を問うたその答えに現われるもの。以下に全文を示しておく。

 双六の上手といひし人に、その手立(てだて)を問ひ侍りしかば、「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手か、疾(と)く負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目(ひとめ)なりともおそく負くべき手につくべし」と言ふ。道を知れる教へ、身を治め、國を保たん道も、亦しかなり。

老婆心乍ら注すると、「おそく負くべき手」とは、負けないように打つ――即ち、双六の戦略の中で、どの打ち方をしたら早く負けになってしまうだろうかという負けプロセスの手を読み、それの手を用いることなく――一目(いちもく)でも『遅く』負けそうな手に従う――のがよい、というパラドクシャルな謂いである。]

« 除夜の空わが靴音にわがありく 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 蜻蛉をとらゆるに不動呪の事 »