フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アパートメント生活一句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 杉山檢校精心の事 »

2012/11/19

一言芳談 十四

   十四

 

 明遍法印云、他力の強緣(がうえん)にあへる事を思ふに、生死(しやうじ)を出離せむことは、今生(こんじやう)にあひあたれり。此緣にあひながら、むなしくすぐしては、一定(いちぢやう)またうけさげられぬとおぼゆるなり。しかれば、生死をわかれざらんこと今生にあるなり。

 

〇一定(いちぢやう)またうけさげられぬ、一定とは推量の詞なり。受けさぐるとは人界より三惡道などへおつることなり。

 慈鎭(じちん)和尚の歌に云、このたびをかぎりにはせんとおもふかな、身もうけがたく法もえがたし。

 

[やぶちゃん注:解脱を得られなければ、三世を永遠に輪廻し続ける外ない。湛澄の注は「三惡道」(地獄・餓鬼・畜生)「など」(これは暗に修羅道を指すのであろう)と殊更に示して恐怖を煽るが(但し、実際にはこれは「うけさぐ」の意味を忠実に示したものではあろう。「うけ」はカ行下二段動詞の連用形で恐らくは「天から宿命的なものとして~を授かる」の意、「さぐ」はカ行下二段動詞「下ぐ」で、輪廻の中で人間(じんかん)道の現世から下位の三悪道及び修羅道へ転落させられることを指していよう)、しかし、これはそこが三善道(天上・人間・修羅)であっても実は大差はない。より煩悩の少ない天上道に生れたとしても、それは輪廻の柵の中にあって、煩悩の苦界に在るという点で、救われていないという点では大した変りはないどころか、本質的には総て等質であると言える。だから「今この瞬間」と明遍は言うのである。この絶対他力の切れることのない強靭な「緣」に接したと思ったその瞬間に「生死を出離せ」よ――そこに猶予は――ない――のである。

「慈鎭」慈円。]

« アパートメント生活一句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 杉山檢校精心の事 »