フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 獨身生活一句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 痘瘡神といふ僞説の事 »

2012/11/26

一言芳談 二十一

   二十一

 

又云、凡夫は、なに事もまさしくそのことに、のぞまぬほどなり。意樂(いげう)はいみじき樣(やう)なれども、事にふれてうごきやすきなり。

 

〇凡夫は、なにごとも、ひとりある時は欲にもたへたるやうなれども、媚(こ)びたる色にむかへば、愛心もおこり、富貴(ふつき)の樣子をみれば、うらやむ心も出で來るなり。

〇意樂、平生(へいぜい)の心入(こゝろいれ)なり。樂(らく)の字、ねがふとよむ時はげうの音なり。

 

[やぶちゃん注:「意樂」は梵語“EsAya”(阿世耶)の漢訳。何かを成そうと楽欲(ごうよく)する意識を起すこと、何かをしようと心に欲すること。念願。心構え。また、心を用いて様々に工夫をすること、また、その心をもいう。湛澄の注に「ねがふとよむ時はげうの音なり」とある通り、「樂」を「ガウ(ゴウ)・ゲウ(ギャウ)」と音する場合は、「好む・愛する・願う・望む」の意となる。

「のぞまぬほどなり」は「望まぬ」ではなく「臨まぬ程なり」で、「まさしくそのことに直面しない状態にある」という意である。これは非日常としての事象との直面という汎用評言でると同時に、究極のそれであるところの死との直面を指すと考えてよい。

「事にふれて」漱石の「こゝろ」の、あの植木屋での「先生」の言葉である。『平生はみんな善人なんです、少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざといふ間際に、急に惡人に變るんだから恐ろしいのです。だから油斷が出來ないんです』。

 本条は、「意樂」以外は難しいというわけではないものの、古語の基本的な抽象言語が圧縮されて使用されているため、意味を採り難い。以下に私の勝手な訳を示す。

――明禅法師はまた、次のようにも仰せられた。

「……凡夫というものは、如何なる折りにても、まさに、その対象・事態に直面しない状態にあるのです。即ち、人というものは、平生の心がけは如何にも殊勝に見えても、いざという間際になると、忽ち、その心は軽薄に動きやすくなるものなのです。……」]

« 獨身生活一句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 痘瘡神といふ僞説の事 »