フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 賴朝卿奥入付泰衡滅亡 パート7〈阿津樫山攻防戦Ⅵ〉 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 四 嚇かすこと~(1) »

2012/11/27

芥川龍之介漢詩全集 十三

   十三 甲

 

心靜無炎暑

端居思渺然

水雲涼自得

窓下抱花眠

 

〇やぶちゃん訓読

 

 心 靜かにして 炎暑 無く

 端居(たんきよ)して 思ひ 渺然(べうぜん)

 水雲 涼として 自(おのづ)から得たり

 窓下 花を抱きて眠る

 

     十三 乙

 

  心情無炎暑

  端居思渺然

  水雲涼自得

  窓下抱花眠

 

  〇やぶちゃん訓読

 

   心情 炎暑 無く

   端居して 思ひ 渺然

   水雲 涼として 自から得たり

   窓下 花を抱きて眠る

 

[やぶちゃん注:龍之介満二十五歳。(十二)以降の出来事では、五月二十三日に第一作品集「羅生門」を阿蘭陀書房より刊行したことが特記される(漱石門下木曜会メンバーである評論家赤木桁平(池崎忠孝)の紹介による。以下、ご覧の通り、本漢詩は彼に贈られている)。

「甲」は大正六(一九一七)年八月十五日附赤木桁平宛(岩波版旧全集書簡番号三〇九)所載。

「乙」は大正六(一九一七)年九月四日附井川恭宛(岩波版旧全集書簡番号三一七)所載。

赤木桁平宛では、

ボクは中々小説が出來ない十五日の〆切をのばして貰ひさうだ惡詩を一つ獻じる その中ゆく 頓首

  赤桁平先生淸鑒

として漢詩があり、次行末に

         學弟 椒圖道人百拜

とあるのが全文である。

ここで「〆切をのばして貰ひさうだ」った「小説」であるが、一つの可能性としては、この書簡を書いた後に辛くも完成、この日の締切に間に合った、という推理が成り立つ。その場合、ここで言う「小説」とは、この日に脱稿が確認されている、

大石内蔵助」

ということになる(発表は翌九月一日の『中央公論』)。――そうではなかったとすれば――これは、翌月九月八日に執筆が始まるところの、

戯作三昧」

とも考えられる(その場合、この時点では構想の段階ということになる)。新しい切り口の江戸物への脱皮を図る前者、芸術至上主義的創作家のイマジネーションの産みの苦しみを描く後者、何れであっても、『ボクは中々小説が出來ない』の質量は途轍もなく重いのである。

因みに、書簡中の「椒圖道人」という雅号は、龍之介の私的な怪談記録帖椒圖異」に基づく(リンク先は何れも私の電子テクスト)。

 「十三 乙」の載る書簡には次の(十四)が載り、(十四)の詩を掲げた後に、『隱情盛な時に作つた詩だから、特に書き添へる 序にもう一つ』として、本詩を記している。この場合、『隱情盛な時に作つた詩』という条件は、自然、本詩へも作用するものとして龍之介は述べていると考えてよい。]

« 北條九代記 賴朝卿奥入付泰衡滅亡 パート7〈阿津樫山攻防戦Ⅵ〉 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第五章 食はれぬ法 四 嚇かすこと~(1) »