フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之五 梶金平辭世の事 | トップページ | 北條九代記 淸水冠者討たる 付 賴朝の姫君愁歎 注追加 »

2012/11/10

一言芳談 五

   五

 

 明禪(みやうぜん)法印云、たゞよく念佛すべし。石に水をかくるやうなれども、申(まうせ)ば益あるなり。

 

(一)石に水、口ばかりにて心にしまぬたとへなり。われながら殊勝氣なくとも、たゞに申しに申せば、その聲耳に入つて遂には信心を申出すなり。玄音叩心(心を叩く)といふ是なり。

 

[やぶちゃん注:「明禪法印」(仁安二(一一六七)年~仁治三(一二四二)年)は天台宗から転じた浄土僧。平家政権と通じた公卿藤原成頼(なりより)の子。比叡山の智海・仙雲から顕密を学び、山門の碩徳(せきとく)と謳われ、法然の生前は専修念仏を批判していたものの遁世の志深く、法然滅後に「選択本願念仏集」に心服、帰依した。『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』の大橋氏注に貞享五(一六八八)年刊書林西村市良右衛門蔵板「一言芳談句解」に(新字を正字に代え、踊り字「〲」は正字化した)、

『明禪法印云、ことごとしく遁世だてをあらはすがあしきなるべし。まことに、道を思はゞ、心こそ道、心こそ山、心こそ師にてあるなれば、たゞ物にかゝはらず、世におしうつりて、しかも染まざるがよきとの心を、第一のよしなき事といへり』

とある、とする。

「しまぬ」「染まぬ」でこの「染む」は自動詞マ行四段活用。色や香りが染み付く、染まる、そこから心に深く感じる、転じて心から打ちこむ、の謂いを持つ。

「玄音」仏の奥深い声。転じて、仏教の教義。]

« 耳嚢 巻之五 梶金平辭世の事 | トップページ | 北條九代記 淸水冠者討たる 付 賴朝の姫君愁歎 注追加 »