フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トモダチ作戦参加の米兵8人 東電に94億円賠償請求 (すべて引用)――だからね、友達なんて、いねえんだよ! | トップページ | 妻の病いとお揃いでへバーデン結節発症 附プロジェクト延期 »

2012/12/28

一言芳談 四十五

   四十五

 

 敬佛房云、後世者(ごせしや)はいつも旅にいでたる思ひに住するなり。雲のはて、海のはてに行(ゆく)とも、此身のあらんかぎりは、かたのごとくの衣食住所なくてはかなふべからざれども、執(しふ)すると執せざるとの事のほかにかはりたるなり。つねに一夜のやどりにして、始終のすみかにあらずと存ずるには、さはりなく念佛の申さるゝ也。

 いたづらに、野外にすつる身を、出離のためにすてゝ、寒熱(かんねつ)にも病患(びやうげん)にもをかさるゝは、有がたき一期(いちご)のおもひ出かなと、よろこぶ樣なる人のありがたきなり。

 

〇始終のすみかにあらず、十因云、實一生假棲、豈期永代乎。

 世の中はとてもかくてもおなじこと、宮も藁屋もはてしなければ。

〇よろこぶやうなる人のありがたきなり、身命を惜しまぬ人、世にまれなり。

 

[やぶちゃん注:「つねに一夜のやどりにして」私なら次の発句を示して注としたい。

 世にふるも更に時雨のやどりかな 宗祇

 世にふるも更に宗祇のやどりかな 芭蕉

「野外にすつる」Ⅱの大橋氏は脚注で、『風葬(曝葬)のたぐい。』とされ、「一言芳談句解」に『いたづらに野外にすつるとは、鳥べ山のけぶり、立去らぬ共云、かゝらん後は何にかはせんと、みさゝぎ(陵)をなげきし心なり』とある、とする。

「十因云、實一生假棲、豈期永代乎。」Ⅰの訓点を参考にしながら訓読すると、

 十因に云く、實(げ)に一生は假の棲か、豈に永代を期(ご)せんや

となる。「十因」は「往生拾因」。平安後期の三論宗の東大寺僧侶、永観(ようかん 長元六(一〇三三)年~天永二(一一一一)年)の撰。一巻。念仏が決定往生の行であることを十種の理由(因)をあげて証明し、一心に阿弥陀仏を称念すれば、必ず往生を得ると明かした書で、法然の専修念仏の先駆として注目される。Ⅱの大橋注では「一實に一生は假の棲」となっている(正字化して示した)が、電子化されたで確認すると、同書の「序」にある言葉で「籠石室人 終遭別離之歎。實一生假棲 豈期永代乎。而今倩思 受何病招何死哉。重病惡死一何痛哉。」である(正字化した)。

「世の中はとてもかくてもおなじこと、宮も藁屋もはてしなければ」は「新古今和歌集」の蝉丸(生没年不詳。平安前期の歌人にして隠者)の和歌(一八五一番歌)。

 世の中はとてもかくても同じこと宮も藁屋もはてしなければ

「はてしなければ」は「結局、最後にはなくなってしまうのだから」の意。諸本に載るが、第三句を、

 世の中はとてもかくてもありぬべし宮も藁屋もはてしなければ

 世の中はとてもかくてもすぐしてむ宮も藁屋もはてしなければ

とする本が少なくない(水垣氏のとうた」の「蝉丸」を参考にした)。]

« トモダチ作戦参加の米兵8人 東電に94億円賠償請求 (すべて引用)――だからね、友達なんて、いねえんだよ! | トップページ | 妻の病いとお揃いでへバーデン結節発症 附プロジェクト延期 »