フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 大梅寺(光則寺)/大仏 | トップページ | 耳嚢 巻之五 狐の付し女一時の奇怪の事 »

2012/12/16

一言芳談 三十三

   三十三

 

 聖光(しやくはう)上人云、箆(の)をたむるに、片目をふたぎて、よくためらるゝ樣に、一向專修(いつかうせんじゆ)もよこめをせざれば、とく成(なる)也。

 

〇箆、箭(や)にする竹なり。

〇横目をせざれば、とく成るなり、餘行に目をかけねば專修がはやく成就するなり。

 

[やぶちゃん注:Ⅰの標注は校訂者森下氏が本文をいじっているため、表記が異なる。以下、この注は略す。

「聖光上人」浄土宗鎮西派(現在の浄土宗)の祖弁長(べんちょう 応保二(一一六二)年~嘉禎四(一二三八)年)。字は弁阿(べんな)、房号は聖光房。筑前国香月(現在の福岡県北九州市八幡西区)生。現在の浄土宗では第二祖とされる。仁安三(一一六八)年に出家、安元元(一一七五)年に観世音寺戒壇で受戒、天台僧となって比叡山観叡、後に証真に師事した。建久元(一一九〇)年に帰郷して鎮西の聖地油山(あぶらやま)の学頭(一山の統率者)となったが、建久四(一一九三)年に異母弟三明房の死に臨んで深く無常を感じ、浄土教に強く惹かれる。寺務のために上洛した建久八(一一九七)年、法然を訪ねて即日、弟子となった。後に故郷筑前に戻ると筑後国・肥後国を中心として念仏の教えを弘め、筑後国山本に善導寺を建立、九州に於ける念仏の根本道場と成した。弟子に三祖然阿良忠を始めとして宗円・入阿など多数がある(以上はウィキの「弁長」に拠った)。

「箆」矢の竹の部分。矢柄(やがら)。矢軸。単子葉植物綱イネ目イネ科タケ亜科ヤダケ Pseudosasa japonica を主材とした。

「たむる」「矯める・揉める・撓める」などと表記する。この場合は、矢軸に加工する際、最も肝心な、その曲がりを伸ばして真っ直ぐに微調整の整形をすることをいう。ヤダケは武家屋敷に多く植えられ、当時の武士にとって弓箭(きゅうぜん)の保守や加工は必須科目であった。

「一向專修」只管、念仏修行に打ち込むこと。

「とく成」速やかに成就する。]

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 大梅寺(光則寺)/大仏 | トップページ | 耳嚢 巻之五 狐の付し女一時の奇怪の事 »